スポンサーリンク
撮影

北極星が見えないベランダでPHD2を使って極軸合わせする

北極星が見えないベランダで苦労するのが極軸合わせ。APTにはDARVという、北極星以外の星で極軸合わせを支援する機能があるし、PHD2も同様の機能がある。ステラショット2にも支援機能があるみたい。私の場合、これまでも自宅ベランダでドリフト法...
8
撮影

天体撮影用パソコンとして生まれ変わるべく初期状態に戻す

私が天体撮影と画像処理を兼用して使っているマウスコンピュータのノートPCは、購入から 5年が経とうとしているんだ。そういうことだからなのか、動きがもっさりしてきただけではなくて、突然自宅のWi-Fiにつながらなくなってしまったよ。 い...
4
AZ-GTi

AZ-GTi用に新しい微動雲台を入手した

AZ-GTiの微動雲台選びには苦労している。もっとも「そんなものいらんのだよ」という意見があるのも承知している。まぁ、私の使い方では、あるにこしたことはないのだよ。 結果的に、カスタムパーツを作ってもらったおかげで失敗というわけではな...
6
機材

天体改造カメラのホワイトバランスを調整してみる

一般的な一眼レフやミラーレスで天体写真を撮ると星雲の赤が出ないので、星雲のHα輝線が写るようにと、いわゆる「天体改造」をしたり、すでに改造された個体を買ってきたりするよね。 私の手元には、EOS Kiss X7iとα99の天体改造機が...
6
機材

即ポチ、フレキシブル・ハンドルアダプター

以前、経緯台として使っているBORG【3106】の微動雲台の微動ハンドルアダプタを3Dプリンタで自作したという話を紹介した。こんなの。 このアダプタ、使っているうちに疲労を起こしたのか、二組のうち片方の軸が折れてしまった。再度...
8
日記

更新順で記事が読めるようにリンク集を再構成した

いつも、このブログを訪れてくださっているみなさま、ありがとうございます。私もお得意さまのブログ更新を楽しみにしているので、いつでも巡回できるように、ページの右側にお得意さまブログをリストにして、リンク集のコーナーを置いています。 ただ...
8

α6400とEOS Kiss X7iで撮影した月面、どっちがどっち

α6400で撮影した昨日とは違い、今回は、EOS Kiss X7iの改造機とセレストロンC5で月面を撮ってみた。特に比較する目的のようなものはないんだが、あえて言うと、月を撮る場合のα6400の天体写真適性を見てみたかったってことになるかな...
6

月面のお肌が気になるの

最近、天体写真を撮っていないので、たまに月でも撮ってみたんだ。月面の写真って奥深いなぁって思う。月面の細かいクレーターが判別できる写真が撮れるっていうことは、人間の顔で言うと肌がどれだけしっかりと写っているかというのと同じくらいの感覚で解像...
2
日記

天体専用カメラNANO1は結局、どうなったの?

「NANO1は結局、どうなったの?」って是空さんから質問があったので、書いておくのであるよ。 NANO1は、シンガポールの学生ベンチャーTiny MOSがクラウドファンディングの「Indiegogo」で出資を募っていた天体専用カメラ。...
2
日記

超小型スマホ「Jelly2」とほかのスマホとの使い分け

超小型スマホの「Jelly2」が届いて1か月が経ったので、その使用感とほかのスマホとの使い分けというか役割分担について振り返ってみるよ。天体写真ブログのテーマとは大きくはずれるけれど、話の流れ、行きがかり上ってことで失礼。 決済専...
6
怪しいものショッピング!

クアッドベイヤーIMX294のAlice Cameraって天体写真向き?

最近、ディスプレイのないカメラのことをぼーっと考えてるんだ。ディスプレイのないボディだけのカメラというと、「レンズスタイルカメラ」として世に出たQX-1とか、OLYMPUS AIRがあるよね。もう5〜6年前の話。ただ、あまりにも奇抜なせいか...
4
日記

岩石星 10mm F8レンズ 作例(地上編)

昨日届いた岩石星10mm F8レンズの昼間の写りが気になったので、お散歩してきた。タイトルに地上編とあるけれど、宇宙編ができるかどうかは気分しだい。 今回は、焦点距離10mm縛りで東京・御茶ノ水周辺を散策してきた。広角ならではの景色だ...
12
怪しいものショッピング!

岩石星 10mm F8レンズが5,680円!

α6400に装着するレンズとして、よりコンパクトなボディーキャップレンズ的なものに興味があったので、ありさんで物色していたところ、10mm, F8固定の「魚眼レンズ」を見つけた。α6400はAPS機なので、35mm換算15mm相当になる。お...
16
日記

反省の弁、心に余裕がないと天体写真は撮れないという話

AVXとED81SIIを持ち込んだ2月21日の遠征は、結果がさんざんだったので反省の記録を残しておきたい。このところ、AP赤道儀やAZ-GTiを使って星を撮ることが多かったので、AVXの動作を思い出せなかったのも一因。記録によると2020年...
20
日記

山中星撮り恐怖体験、暗闇に響き渡る正体不明の叫び声

久しぶりに山の中で星の写真を撮っていたらね、怖い思いをしたよ。 AVXのセッティングを済ませ、おとなしくM82にカメラを向けていると、突然、森のなかから「ワー!」っていう女性のような悲鳴が聞こえてきたんだ。 暗闇に響き渡る、正体...
12
日記

FeliCa対応の超小型スマホ「Jelly2」が届いた

FeliCa対応の超小型スマホ「Jelly2」が届いたよ。字ちっちゃい、字打ちにくい。でも、おサイフケータイに対応しているので、まさにおサイフ代わりに使うのはありかも。 本来なら、天体写真ブログとは関係がない話題なので、ここで...
6
怪しいものショッピング!

星も追尾しちゃうスマートな三脚雲台はいかが?

クラウドファンディング・サイトの「キックスターター」を見ていたら、「ポラリス」という名のスマート電子三脚雲台が募集を始めていたよ。募っているはBENRO。BENROさんて、あの有名な三脚メーカーでしょう? 最近、クラウドファンディングで何度...
10
日記

楽天モバイルが1GBまでなら無料とか。遠征先での通信容量ってどれくらい必要?

楽天モバイルが新しい料金プランRakuten UN-LIMIT VIを発表したですよ。通信容量が月1GBまでなら無料ってのがすごいね。同時にどれだけ使っても月額2980円までという料金体系が魅力なわけなんだが、遠征先での利用を考えた場合に、...
6
BORG

季節外れの北アメリカ星雲、満月期のL-eNhanceと片ボケ55FL

満月期にもかかわらず、正月休みは久しぶりに遠征してきました。極寒のなか重い機材に振り回されるとつらいのでAZ-GTiと55FLの軽量コンビを連れ出し、月光対策としてデュアルバンドナローフィルターのL-eNhance(31.7mm)を使うこと...
8
ステライメージ

全自動対決、ステライメージ9 vs. APP(Astro Pixel Processor)

2020年末に発売された「ステライメージ9」のコンポジットが非常に高速化したことは、色々な方面で報告されているよね。中の人も「高速化の秘密」をブログに書いてらっしゃったよ(あぷらなーとさん、教えてくださって、ありがとうございます)。「ようや...
4
スポンサーリンク
「天体写真はじめるよ」をフォローする
タイトルとURLをコピーしました