スポンサーリンク
日記

天体写真趣味6年目の私が今になって眼視をやりたい理由

眼視という言葉は、辞書にのっていないんだそう。知らんかった。私がこのブログで眼視という言葉を使ったのは、なんと初めてのエントリで、2016年7月のこと。私が天体写真趣味を始めたのは同じ年の5月だったから、「眼視」という言葉を自然に受け止めて...
12
日記

天体改造カメラは、買い取りしてくれませんでした

私のα99は、ハヤタ・カメララボさんに天体改造をしてもらった個体で、うちのフルサイズはこの子しかいない。フルサイズとあって、広い範囲が一度に撮影できてしまうし、ダークもきちんと合えば、それなりの天体写真が撮れる。地上の写真もカラーバランスを...
6
日記

高感度ビデオカメラで星空散歩をしてみた

前回、高感度ビデオカメラを使って東京の夜空を観察してみたものの、天候のせいもあって星座らしい星座が見えなかった。そもそもこのシステムで星座が観察できるのだろうかということで、田舎の夜空で稼働させることにした。結論から言うと、ばっちりで、肉眼...
8
日記

夏休みの自由研究、東京都心で星座を観察できないものだろうか

東京の都区内に住んでいると、空は夜でも常に明るくて、天体写真を撮るような環境じゃない。しかし、それでも赤道儀を設置して星を追尾して、光害カットフィルターを使えば、なんとか写真は撮れる。眼視でも、望遠鏡をきちんと向ければ、田舎ほどではないにし...
12
日記

眼視体験を防犯カメラで記録してきた

こんなタイトルだと、カルト団体の怪しげな活動を私が陰で撮影してきたように読めてしまうんだが、そんなことはない。ここまでやってきたことは、天リフさんが上手にまとめてくださっているので、そちらを読んでくださればなのだ。天リフさん、ありがとうござ...
8
望遠鏡を作る

電視と眼視の一本化、Netflixを見ずに星を見よう

EDクローズアップレンズと冷蔵庫に余っていた食材で組んだ望遠鏡は、眼視と電視の両方で使えることが分かった。これに加え、電視の観望記録をSDカードに残せたので、これを統合することにした。以下、もろもろ能書きなど。 天体の撮影中にNetfli...
12
機材

ビデオキャプチャー EZCAP 275で星空レコーディング

電視観望用に使っている4K 7インチのフィールドモニタは画面は大きいのだけれど、画像を記録できない。これを買ったときは、「見るだけで十分で、録画まではいらないや」と思っていた。でも、自分が見た星空をどこかに記録しておきたいという気持ちが強く...
10
機材

「眼視寄りの電視」あるいは「電視寄りの眼視」

クローズアップレンズのNiSi 77mmを転用した望遠鏡を組んでみた。まずは眼視バージョンから。ちなみにファインダーはNANO1を転用した電子式だよ。 民家の屋根の上に位置していたアンタレスは、目では見えなかったけれど、NAN...
9
日記

M57/60互換ファインダー座一体型鏡筒バンド

小出しにするような案件ではないのだが、新しく眼視用の望遠鏡を組んでみようと思い立った。M57/60をベースにした屈折鏡筒にするつもりなんだ。 屈折式の鏡筒を組むにあたって、BORGパーツを使う。でも、すべてBORGで揃えようとすると高...
6
機材

ビクセンED81SII鏡筒のスペーサーを交換する

遅まきながら、ED81SIIのスペーサー交換キャンペーンに申し込むことにした。このキャンペーンは、ED81SIIとかSD81Sの81シリーズ鏡筒のリング状スペーサーをお得な価格で取り替えてくれるというもの。取り替えることで、いびつな星像がま...
6
機材

防犯カメラで月面を電視観望するよ

以前、自作した天体観望専用カメラ「Prayer NIER 385」を使った電視観望を紹介したんだけれど、T-Studioさんが「蓄光機能を持った防犯カメラの方がよく写るよ」とおっしゃっていたので、IMX385を搭載した防犯カメラを調達した。...
12
機材

ベランダBORG小隊を紹介するよ

近頃、赤い猫さんたちにすっかりやられっぱなしの印象があるBORGさん。RedCat 51はBORG 55FLに、RedCat71はBORG 71FLに正面から戦いを挑まれてしまい、いまでは息をしているのかどうかも分からない。 ...
4
日記

UMPCを天体撮影用パソコンとしてセッティングする

R130Sf-PF改をDSO撮影に使ったところ、期待以上の成績を収めたので、遠征の主力鏡筒として活躍してもらうことにするよ。そして、もう1台の主力鏡筒であるED81SIIは、フルサイズまで対応できる特徴を生かして、APS-C以上のカメラ専用...
4
日記

3万円台のUltra Mobile PCは天体撮影用に使えるかな?

FFFという、聞いたことがない日本メーカーが発売しているUMPC(Ultra-Mobile PC)に衝動的に手が出てしまった。Windows11 proを搭載した 8インチの「FFF-PCM2B」という機種なんだが、雨の日はこれで遊びたい。...
19
星雲・星団

R130Sf プライム・フォーカス改造機、遠征デビュー

R130Sfのプライム・フォーカス改造機であるR130Sf-PF改を持って遠征してきた。ファーストライトが終わったので、今回はシェイクダウンなのだ(真に受け取らないでほしい)。 天気予報では、Windyが晴れ予報を出していたけれど、ほ...
12
星雲・星団

東京の空、新提案「電視撮影」に乗っかってM57を撮る

BORG 71FLの試運転中なんだ。天リフさんのTwitterを見ていたら、電視撮影という言葉を見つけた。もともとはシュミットさんのブログで使われた言葉で、これを天リフさんが、新提案としてピックアップしたということみたい。 シュミット...
6
ASI AIR

梅雨明けのリハビリ、ASI AIR PROの新機能を試す

AZ-GTiの赤道儀モードとAP赤道儀で運用できる我が家のベランダ望遠鏡の限界は、結局BORG 71FLだということが判明したので、いさぎよく71FLでがんばる。ここしばらく、DSOの撮影もしなかったから、梅雨明けもしたことだし、ASI A...
16
機材

OPTICS ASIAの天体望遠鏡バッグは収納力抜群

R130Sfは、うちのベランダで振り回すにはでかい。赤い鼻先がベランダの壁に当たりそうになる。3kgのウエイトではAP赤道儀に乗らないこともあって、遠征でメインに使う鏡筒になりそうな雰囲気だ。とはいえ、ベランダでも経緯台で使う分には、使えな...
8
望遠鏡を作る

R130Sf-PF改造機を愛でるだけのフォトギャラリー

望遠鏡を作る楽しみ、愛でる楽しみ。プライム・ニュートン鏡は、鼻先が突き出していてあんまりカッチョいいイメージがなかったので、カッチョ良さげに撮ってみた。ただ、それだけのエントリー。
8
星雲・星団

東京の空 R130Sf-PF改で撮った強風下のM13

R130Sf-PF改の星像確認ついでにM13を撮ってみた。強風下の東京の空、露出1秒のライブスタックでトータル1200sec。カメラはASI 294MC。ダークなし、フラットなし、ガイドなし。フィルターはUV/IRカットのみ。写野回転を避け...
4
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました