M31のコンポジット10枚(@70sec)に28枚(@30sec)を加えてみる

前回エントリーのM31は、70秒(前後の)カットを10枚コンポジットした画像でした。その後「51枚の画像をコンポジットしてみたらどうなるか?...

記事を読む

アンドロメダ銀河デカすぎワロタwwww

まったく天気に恵まれません。梅雨が来て台風が来てと、いつ晴れるんでしょうか。予報は曇りでしたが、一ヶ月も撮影できないとストレスなので「運が良...

記事を読む

月明かりに晒されたプレセペたんを救え!

2016年5月22日は、私の記念すべき望遠鏡デビューの日です。ビクセンの屈折ED81SIIのファーストライトは、土星のコリメートだったんです...

記事を読む

はくちょう座 アルビレオは「北天の宝石」

「もうここらは白鳥区のおしまいです。ごらんなさい。あれが名高いアルビレオの観測所です。」 窓の外の、まるで花火でいっぱいのような、あまの川...

記事を読む

ヘラクルス座M13、このキラキラ感が好き

台風一過で空が晴れるかと思ったら、雲が抜けきりません。梅雨に続いて台風とか、本当、難儀ですね。ぼやいていてもなんなので、現像し忘れていたM1...

記事を読む

ASI-1600用にカメラバッグを買ってみた

一般の一眼レフカメラなら、カメラケースが純正にあったりして、本体の保護に困りませんね。しかし、ASI1600は独特の形をしているので、ぴった...

記事を読む

M8デビュー

はじめてM8(干潟星雲)を撮りました。この星雲、夢にも出てきたんです。三裂星雲と一緒に撮りたかったんですが、雲が邪魔して、結果、M8だけで我...

記事を読む

天体写真はじめたい? いくらかかるの? かかったの?

星空の写真を始めて1年そこそこのズブの素人です。きっかけは冬の夜空に上がってきたオリオン座。手持ちの一眼レフ(28mm)で撮ってみるとオリオ...

記事を読む

ASI1600 MC-COOL ファーストライト 東京の空でM27が撮れるとは

ASI1600 MC-COOLのファーストライトは、梅雨が明けたばかりの東京・23区内のベランダからなんですが、東京って案外星が見えるんです...

記事を読む

ASI1600-MC-COOLが届いた

関東地方は梅雨が明けず、なかなか天体撮影日和になりませんね。ちょっと本腰入れて写真を撮りたいと思い、酔った勢いでASI1600-MC-COO...

記事を読む