スポンサーリンク

AI絵師の「DALL-E 2」さんに、宇宙猫を描かせてみた

「にゃあさん」というのは、このブログでの私のハンドルネームで、そのアイコンは「宇宙服を着た猫」だよ。こんなの。

前回、AIの話を書いたので、ふとAIに「宇宙服を着た猫」のアイコンを描かせてみようと思ったんだ。依頼したAIイラストレータさんは「DALL-E 2」。私は初めて使ったんだが、その筋では知られているサービスかもしれないな。

DALL·E 2
DALL·E 2 is a new AI system that can create realistic images and art from a description in natural language.

「DALL-E 2」の名前の由来は、シュールレアリスム画家のサルバドール・ダリのDalíとSFアニメ映画『ウォーリー』(WALL-E)をかけていると言われてるんだ。

このAI、本来は、自然言語(英語)で詳細を入力すると、驚くべきレベルでディテールを描いてもらえるというのが売り。無料で描けるのは初回50回までで、あとは月15回まで(だったと思う。間違ってたらごめん)。それ以上は課金。1回のクエリに対して、4枚の画像を出力してくれる。無料の範囲で、いろんな画風で試してみた。

「Cat in space suit(宇宙服を着た猫)」だとこんな感じ。左から2番めかっこいい。

次に「Salvatore Dali style painting of Astronaut cat(ダリ風で描いたネコ宇宙飛行士の絵)」と入力して、出力された4枚がこちら。

シュールだねぇ。4枚目はなかなかダリの雰囲気があるな。2枚目は、ヒゲがダリっぽくて笑った。というか、本当にAIが描いてるの? あまりにもレベルが高くてどこかからの拾い物じゃないかと勘ぐってしまうくらいだよ。

とまぁ、こんな感じで絵を描いてもらうの。今回は絵画というかアイコンを描かせたかったので、シンプルにキーワードだけを入力してみた。キーワードとして入力したのは「宇宙飛行士(astronaut)」と「猫(cat)」そして画風(style〜で指定する)のみ。

さぁ、結果の画像を見ていくよ。

こちらは画風の指定なし。

画風にマーグレット・エリザベス・レイを指定した。なんだか、画風が全然違うんだが、スペル間違えたかな。マーグレット・エリザベス・レイって誰かって? 「おさるのジョージ」のイラストレーターさんだよ。でも、結構、良いよ。お気に入りだ。

これはパステルで描いたみたいなタッチでかわいいな。

エジプト風を指定したら、こうなった。怖いんだが….イラストとしては素晴らしい出来栄えだと思う。レコードのジャケットとして使えそうだね。

こちらもエジプト風。配色のセンスが良い。SF小説の挿絵に使えるくらいのレベルだわ。

うって変わって、浮世絵風を指定した。日本風にはちまき巻いてるのか? 機械がそんなウィットなんて持ってないよね?

こちらも浮世絵風のはずなんだが、ペンシルタッチの絵が出てきた。絵本に出てきそう。ヘルメットに猫耳がついているところが芸が細かい。絵師さんは本当に機械なのか?

次は、年配の方にはガッチャマンのキャラクターデザイナーでおなじみの天野喜孝風。目の描き方や色使いが間違いなく天野喜孝だ。ボディが細身になっているところも、きちんと特徴を捉えてるな。すごいね。

これも天野喜孝風なんだが、ぜんぜん上と違う。これはこれであり。どっかでみたことがあるようなイラストだな。

次はフェルメール風だよ。このネコはきっと女性だと思う。家の主人ではなさそう。薄暗い少し湿気た部屋の空気感、憂いを帯びたネコの表情といい、跳ね上げたバイザーの透明感といい、あんたは、ここまで絵に情緒を持たせることができるのかい? これは部屋に飾っておきたい。この猫が、なぜそんな格好でこの部屋にいるのか。そこは不明だけど(笑)

フェルメールを試したら、次は自ずとレンブラントを試したくなった。うち2枚をピックアップ。いずれも「重厚な作風が表現されているね」というか、あまりに写実的なせいか、できあがりはほとんど写真。ネコの目には強い意志が感じられて、これはレンブラントの絵にも通じそう。

こんな軽いタッチの絵も描ける。

最後にゴッホ風。こぇぇんだよ、そんな目で、こっち見んな!

いやぁ、最近のAIってすごいね。何年も前に気持ち悪い絵を出力するGoogleのサービスがあったと思うんだけれど、それと比べて恐ろしいくらいの進化を遂げてるよ。「DALL-E 2」は、撮影した写真をアップロードして背景を作り出してくれる機能もある。

使い方が分かってきたので、次は、現アイコンに近い雰囲気の宇宙猫(Astro Nier)を描かせてみたい。

この記事へのコメント

  1. マウスホイールをグリグリやっても、グリグリやっても、グリグリやっても、宇宙服猫ズが…
    ニンゲンの絵師だったら、こんなに書き直しさせられたらブキ切れて傷害事案になりそうな事もAIは(無償で)やっちゃうってのが、凄いっす

    • 発注の仕方にコツがあるみたいで、きちんと仕様を文字にして伝えないと手戻りが発生する様子は、どこぞの社会と同じみたいです。

      手戻りが発生しすぎて、課金してしまう羽目に…orz

  2. この手の作家はあまり知らないけど、レンブラント、フェルメール、ゴッホはなんとなく知っていて、この画像を見て誰風?と聞かれてフェルメールとゴッホの奴は自信をもって答えられる。
    まぁ、『自信をもって』というよりは、あの青があればフェルメールしか思いつかないし、あのタッチと黄色をみればゴッホしか思いつかないだけだけどね。

    イラストレータでパッと思いつく人って和田誠さんぐらいかな?
    子供の頃に星新一をよく読んでいて、和田さんの挿絵がよく使われていた。
    人物や動物に魂が入ってるんだか入ってないんだかわからないようなあのタッチ(いい意味で)が好きだった。
    あとからハイライト(たばこ)のパッケージをデザインした人だと知ったよ。

    チュッパチャップスのロゴをデザインしたのはダリ?^^オアトガヨロシイヨウデ

    • あ、いま星新一読んでますよ。挿絵は和田誠さんていうイラストレーターの方なんですね。
      私も絵画に詳しいわけじゃなくて、フェルメールと天野喜孝は、たまたま上野の美術館に見に行ったから記憶にあるだけです。

      チュッパチャップスのロゴをデザインしたの? ダリでしょうかね?^^

タイトルとURLをコピーしました