スポンサーリンク
望遠鏡を作る

R130Sf-PF改造機を愛でるだけのフォトギャラリー

望遠鏡を作る楽しみ、愛でる楽しみ。プライム・ニュートン鏡は、鼻先が突き出していてあんまりカッチョいいイメージがなかったので、カッチョ良さげに撮ってみた。ただ、それだけのエントリー。
6
星雲・星団

東京の空 R130Sf-PF改で撮った強風下のM13

R130Sf-PF改の星像確認ついでにM13を撮ってみた。強風下の東京の空、露出1秒のライブスタックでトータル1200sec。カメラはASI 294MC。ダークなし、フラットなし、ガイドなし。フィルターはUV/IRカットのみ。写野回転を避け...
4
望遠鏡を作る

R130Sf-PF改 星像の改善を試みる

風はきついけれど、久しぶりに星が見えたので、R130Sf-PF改にほどこした諸々の改善策がどんな結果を出すのか、星を撮影して確認したい。 まずは、比較のために、従来の状態でのスピカの星像を見ておく。三ツ矢サイダーのような影ができている...
10
日記

天体写真ブログのリンク集(更新順)をアップデート

このブログをパソコンで見た場合、右カラムに「リンク集」というコーナーがあってだな、私にアドバイスや励ましをくださるみなさん(お得意様?)のブログをまとめてある(スマホの場合は下にスクロールさせると「サイドバー」というメニューが出てくる)。い...
11
望遠鏡を作る

R130Sf-PF改造、カメラ接眼部のレシピ

R130Sfのプライムフォーカス化改造で、無限遠を確認したカメラ接眼部の組み合わせ備忘。ここから大きく変更する感じでもないので、これでほぼ完成形だと思う。いまのところは。 回転装置のイモネジ化は完了した。六角レンチは1.5mm...
4
日記

梅雨の日の工作、ペリカンケースを詰め替える

記録によると、私がペリカンケースの1170を買ったのは、アイピースを持ち運びするためだったらしい。 その後、アイピースを使う頻度はぐんと減って、代わりにオートガイダーのM-GENを入れるケースになっていた。M-GENはすばらしい製品だ...
4

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(8)ファーストライト

R130Sfプライム・ニュートン改造鏡筒では、何度かテストショットをしているので、ファーストライトという感じがしないのだが、初めて画像保存を目的に天体を撮ったということでファーストライトということにする。被写体はお月さん。 R130S...
10
表面処理

ストーン調スプレーで3Dプリンタの積層痕を消す

アサヒペンの石調スプレーを使えば、3Dプリンタで印刷した積層痕が消える。話としては二番煎じだ。ただ、前回試したモデルは、積層痕と言っても、トッププレイヤーの跡が消えるという話だったのに対して、今回は、地層のように重なった、まさに積層痕が消え...
6
日記

自動導入できるフリーストップ経緯台がほしいなぁ

R130Sf改の運用イメージが固まってきたので、AP赤道儀に載せてみたら、3kgのウエイトではバランスが取れなかった...orz 以下、梅雨なのでジメジメとぼやく。 宣伝用の画像では3kgのウエイトでバランスが取れているのに、おかしい...
21
日記

ゴーストの正体見たり、赤外線

UV/IRカットフィルターを装着して撮影したら、一瞬にして消え去ったゴーストの正体が知りたい。そいつは「赤外線の乱反射」だというのが私の仮説なんだが、ほかのフィルターを使った場合でも、ゴーストが消えた可能性がある。これを検証してみたい。 ...
10
日記

自作レデューサーで生じたゴーストを消す

改造R130Sfのコマ対策のため、ACクローズアップレンズ49mmのNo.2をTリングに仕込んでレデューサーを製作したまでは良かったのだが、ゴーストが出て困っているというのが現在の状況。どんなゴーストかというと、下の写真のような感じ。これ、...
10
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(7)ゴースト

空が黒く晴れていたので、改造R130Sfの星像を改善するための自作レデューサーを試してみるときがきた。今回使ったACクローズアップレンズは49mmのNo.2。Tリングを分解して、レンズをはめ込んでと。屈折望遠鏡の回で、何度も苦労したから楽勝...
4
表面処理

対物キャップ兼用バーティノフマスク

i*matさんに、対物キャップ兼用マスクをというアイデアをいただいたので、作ってみた。せろおさんにコメントもいただいたこともあり、進捗報告のため急遽、記事をアップ。 対物キャップの表面は、ストーン調スプレーで仕上げた。こんな感じ。とて...
6
表面処理

3Dプリントモデルの表面処理、ストーン調スプレーを試す

3Dプリンタで印刷したモデルの積層痕を消すことに苦労してきた。樹脂特有のテカテカ反射する安っぽい質感にも悩まされる。プリントしたモデルの表面処理は、3Dプリンタ使いなら、なんとかしたい問題として常に存在しているのだよ。 樹脂の反射に関...
6
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(6)マスク

クローズアップフィルタを使ったレデューサーで星像を修正するのは、なんだか時間がかかりそうな予感がしたので、バーティノフマスクを刷ってみることにした。 R130Sf用のバーティノフマスクは普通にドーナツ形状で作ってしまうと、装着できない...
8
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(5)初試写

だいたい準備が揃ったので、ベランダで試写してみることにした。鏡筒の重量は5kgを超えているので、AZ-GTiには少し荷が重いかもしれないが、我慢してもらう。使ったカメラは非冷却のASI294MC(マイクロフォーサーズ)。フィルター類は使って...
6
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(4)接続例

スパイダー部&トップリング(って言うんだね)に接続する、無限遠が出た接眼側の組み合わせをレシピとしてメモしておく。 この組み合わせだと、フォーカサーの摺動は+2mm。これより長くなると無限遠がでなくなる可能性あり。カメラも合わせた重量...
6
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(3)無限遠

Vixen R130Sfのプライム・フォーカス改造で実現したかった柱の一つは、(76mm一号機で叶わなかった)接続できるカメラの種類を増やすことだった。うちに転がっていたカメラたちを実際に接続してみて、無限遠が出るかどうかを確かめてみた。左...
10
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(2)目隠し

R130Sfのプライム・ニュートン化にあたって、元からついているフォーカサーは不要なので、除去した。このフォーカサーはオール樹脂製で、安っぽいというか、本当に安い。ありさんだと2000円くらいで同等品が売られている。 除去した...
8
望遠鏡を作る

改造R130Sf、プライム・フォーカス化への道(1)仮組み

プライム・フォーカス鏡筒の1号機が完成してから、いろいろと気になるところがあった。まずは、スティックのり型のカメラしか使えないこと、次にカメラ側に光軸調整機構がないこと。大きく言って、この2つ。また、76mm口径では満足できず、大きな鏡が欲...
4
スポンサーリンク
「天体写真はじめるよ」をフォローする
タイトルとURLをコピーしました