スポンサーリンク
ASI AIR

AZ-GTiとASI AIR PROを合体させてしまうというアイデア

AZ-GTiはポータブルでいて本格的な赤道儀だよね。ASI AIR PROもコンパクトな撮影デバイスだし。「じゃあ、この2つを合体させたらいいんじゃないの?」と考えた人が海外にいたんだよ。Thingiverseという3Dプリンタのモデルがダ...
14
日記

プラネタリウムには本当の星空にない良さがある

「プラネタリウムには本当の星空にない良さがある」。是空さんにそう言われたので、VRゴーグル「Oculus」用のコンテンツを課金してみることにした。「教養よりゲームだぜ」と思っていたのでプラネタリウムアプリに興味はなかったんだが、食わず嫌いは...
8
日記

雨だからVRでデジタルワールドにお出かけするんだ

何か新しいおもちゃが届いたぞ。仕事が一段落ついたら、物欲全開なのだ。知っている人は知っている、知らない人でも想像はつくVRゴーグル「Oculus Quest 2」だよ。ちなみに"Oculus"というのは、ラテン語で「眼」を意味するらしい。梅...
10
日記

宇宙関連ニュースまとめ試運転中です

ふだんの宇宙や天文に関係するニュースの収集を便利にするために、「宇宙・天文関連ニュースリンク集」のコーナーを作ってみた。まぁ、2ch風にいうと「宇宙関連ニュースまとめ」だな。とりあえず、私の星友さんの「リンク集」の下、「最近のコメント」コー...
2
機材

ロケハンした公園への徒歩遠征と機材の検討

昨日の皆既月食撮影に持ち出したセットを備忘録として残しておくのだ。機材は下記のとおり。これくらいなら、リュックサックや小さめのカメラバッグで持ち歩けて苦にならなかった。電車に乗っても怪しまれない分量なのでOK。 α6400ボディ(...
8
日記

都内の公園、暗闇に響き渡る謎の高周波音

5月26日は皆既月食が見られるっていうんで、電車と徒歩で近くも遠くもない都内の公園にロケハンも兼ねて遠征してきたんだよ。この公園は、以前から目をつけていた広い場所で、広く空が見渡せる。空は明るいんだけれど、明るさに関していえば、うちのベラン...
10
日記

世界の天体望遠鏡市場ってどれくらいの規模なの?

仕事にも区切りがつきそうで、来月あたりからは、なんとか天体写真趣味に復帰できそう。 で、ふと、自分のリアルの周りを見渡してみると、天体写真とか天体観測を趣味にしている人っていないんだよ。でも、ネットをのぞいてみると、天リフさんを中心と...
10
日記

天体撮影システム「NEOVISION 10」という大胆発想

Nubia Z30 Proという「星空に強いスマートフォン」が5月25日に中国で発売されるそう。端末紹介を読む限り、この端末の星空機能、いろんな意味でびっくりだよ。以下、私は中国語が堪能なわけでもないし、実機を触ったわけではないので、ここに...
14
機材

スマホ用ペルチェ冷却装置で「非冷却カメラ」は冷やせるのかい?

ゲーミングスマホ用にペルチェ素子を使った冷却装置っていうのが売られているんだよ。ゲームに熱中していると筐体が熱くなって不愉快だし、マシンのパフォーマンスも落ちるので、そんな問題を解決しようという製品なんだ。 これを見て、「ははーん、こ...
12
日記

強欲にゃあさん、ビットコインを掘り進む

天体画像処理用パソコンでビットコインを掘り始めて4日、アルゴリズムの見直しをしたことや、ビットコインの値上がりもあり、一日の採掘額は70円くらいに上がってきた。CPU温度も70度くらいで安定している。いまのところ合計約270円の稼ぎなのだ。...
8
日記

天体画像処理用パソコンでビットコインがザックザク、ウシシシ

ここのことろ、天体写真を撮影していないので、画像処理用のパソコンが遊んでしまっているの。Windowsでしかできない処理をするときにリモートデスクトップ経由で使うことがあるので、電源入れっぱなし。電気代もったいないよなぁ。 そうだ!と...
12

スマホで月を撮ったら、案外、月面が写ってた

去年のいまごろは時間に余裕があったはずなのに、昨年末あたりから仕事が舞い込んできてしまい、近頃は天体はおろか地上の写真も撮れずにいる。毎日、見ているのはパソコンのディスプレイだけという日々なのだ。しっかし、スマートフォンだけはいつもケツポケ...
10
撮影

北極星が見えないベランダでPHD2を使って極軸合わせする

北極星が見えないベランダで苦労するのが極軸合わせ。APTにはDARVという、北極星以外の星で極軸合わせを支援する機能があるし、PHD2も同様の機能がある。ステラショット2にも支援機能があるみたい。私の場合、これまでも自宅ベランダでドリフト法...
12
撮影

天体撮影用パソコンとして生まれ変わるべく初期状態に戻す

私が天体撮影と画像処理を兼用して使っているマウスコンピュータのノートPCは、購入から 5年が経とうとしているんだ。そういうことだからなのか、動きがもっさりしてきただけではなくて、突然自宅のWi-Fiにつながらなくなってしまったよ。 い...
7
AZ-GTi

AZ-GTi用に新しい微動雲台を入手した

AZ-GTiの微動雲台選びには苦労している。もっとも「そんなものいらんのだよ」という意見があるのも承知している。まぁ、私の使い方では、あるにこしたことはないのだよ。 結果的に、カスタムパーツを作ってもらったおかげで失敗というわけではな...
8
機材

天体改造カメラのホワイトバランスを調整してみる

一般的な一眼レフやミラーレスで天体写真を撮ると星雲の赤が出ないので、星雲のHα輝線が写るようにと、いわゆる「天体改造」をしたり、すでに改造された個体を買ってきたりするよね。 私の手元には、EOS Kiss X7iとα99の天体改造機が...
6
機材

即ポチ、フレキシブル・ハンドルアダプター

以前、経緯台として使っているBORG【3106】の微動雲台の微動ハンドルアダプタを3Dプリンタで自作したという話を紹介した。こんなの。 このアダプタ、使っているうちに疲労を起こしたのか、二組のうち片方の軸が折れてしまった。再度...
8
日記

更新順で記事が読めるようにリンク集を再構成した

いつも、このブログを訪れてくださっているみなさま、ありがとうございます。私もお得意さまのブログ更新を楽しみにしているので、いつでも巡回できるように、ページの右側にお得意さまブログをリストにして、リンク集のコーナーを置いています。 ただ...
8

α6400とEOS Kiss X7iで撮影した月面、どっちがどっち

α6400で撮影した昨日とは違い、今回は、EOS Kiss X7iの改造機とセレストロンC5で月面を撮ってみた。特に比較する目的のようなものはないんだが、あえて言うと、月を撮る場合のα6400の天体写真適性を見てみたかったってことになるかな...
6

月面のお肌が気になるの

最近、天体写真を撮っていないので、たまに月でも撮ってみたんだ。月面の写真って奥深いなぁって思う。月面の細かいクレーターが判別できる写真が撮れるっていうことは、人間の顔で言うと肌がどれだけしっかりと写っているかというのと同じくらいの感覚で解像...
2
スポンサーリンク
「天体写真はじめるよ」をフォローする
タイトルとURLをコピーしました