Macでステライメージ8を動かしてみた

私の場合、ふだん使いはMacで、天体の撮影やコンポジットをWinでやっているという環境です。Winでコンポジットした画像をMacに持って行ったり、またWinに返したりする場合は、Dropbox経由でやっていたんですが、やっぱり不便。
画像処理用に一台Windowsマシンを組んでやろうかと思ったのですが、20万円コースは行きそうだったので、手持ちのMacでステライメージ8を動かすことにしました。
裏技的なものがあるわけでなく、Parallels 13をMacに導入しました。私のMacはiMac 27-inch, Late2013, Core i5, Fusion Drive, 16GのRAMを積んでいます。もう5年目で最新のモデルではありません。下記、比較としたWindows はWindows 10,Core i7, RAM 16G,SSD です。
Fusion じゃなくて、Parallelsを選んだのは以前に使っていたからという理由だけです。MacのデスクトップとWinのソフトウェアがシームレスに行き来できるのがいいですね(Coherence モード)。すでにライセンスが切れていたので、再度、購入しなければなりません。
Parallelsからダウンロード購入もできるのですが、自宅向けParallels Desktopが8500円だったのに対し、Amazonのパッケージ版は6780円だったので、パッケージ版を購入しました。違いはよく分かりません。パッケージ版といっても、中にCD-ROMが入っているわけではなく、ライセンス証明書の紙切れが入っているだけでした。ちなみに、App StoreにもParallels Destop Liteの扱いがあり、無償をうたっていますが、無償の利用はLinuxに限られ、Windowsにする場合は、別途、料金が発生するようです。
さて、光学ドライブをMacにつないでParallelsをインストールします。Windowsのライセンスは、別途DSP版が手元にあったのでそれを使いました。以前、Parallelsを入れていたせいか、WIndows のディスクイメージを読み込ませる手間はありませんでした。
M16.jpg
別に何か難しいことをするわけでもなく、普通にインストールできました。次は、ステライメージをMacにインストールします。普通にWindowsを使っているような感じでインストール終了。
試しに、M33の撮影データ19枚を読み込み、ベイヤー変換をしてみました。いずれも「応答なし」の表示。「応答なし」は、Windowsでも出るのでMacが悪いというわけではないのですが、Parallels上ではさらに負荷がかかっていた印象です。Windowsなら内蔵のSSDから読み込めるところ、私の環境では、外付けHDDから読み込んだからかもしれません。撮影データをSSDに保存すれば改善するかも。
基準点指定もWindowsのほうが速い印象。ただコンポジット(加算、バイキュービック)のスピードはそんなに変わらない? Windowsと比べて特段、遅いとは感じませんでした。27インチディスプレイで処理できるのは快適です。コンポジット終了後の画像をTIFFで保存して、そのままPhotoshopで開けるのもGOOD!
ちなみに、High SIerraでは、Nik Collectionを適用したあとに、Photoshopが落ちることが報告されていますが、自動処理経由でやれば問題ありません。確かに、フィルターから直接Nikを適用するとクラッシュしますが、メニューのファイル > 自動処理 > Nik Collection Service Tools… でやればクラッシュせずに効果を適用できます。
ということで、Macでステライメージが動きました。今回、Macだけで処理したのが下記のM33。Nikも適用できて快適。画像の読み込みに多少のもたつきはあったものの、20枚そこらなら許容でしょう。AutoStakkert!やFlatAideも試してみないと。メモリを増設したらもっと快適に使えるかな。
M33_nik.jpg

『Macでステライメージ8を動かしてみた』へのコメント

  1. 名前:オヤジ 投稿日:2018/05/14(月) 06:13:16 ID:3ecafbc67 返信

    今まで、Windowsソフトは、windowsなハードでやっていたのですね。橋渡しがDropBox。
    DropBoxも、利用が多いのか、時間帯や曜日でも、少し遅い時がありますね。
    長女が作曲などするので、中学生の時Macが欲しいと煩いので買ってやったら、解らないらしくて、行き成り質問攻め。
    ホルダーとか、概念が訳分からず、オヤジは、Macが嫌いになりました(爆)。
    今も、Win又はlinuxばかりですが、MacでWinソフトが動くとハードの節約になりますね。
    オヤジのWinハード、画像処理にイラつくことが多いので、最近はメモリー64GBで最後に保存する所はHDDですが、他はSSDを使ってます。

  2. 名前:にゃあ 投稿日:2018/05/14(月) 21:47:29 ID:226f97544 返信

    オヤジさん、最後に保存するところだけHDDにするというのはアイデアですね! 「aptと言えば、次はgetだろう」とか、一時期Debian系のLinuxにも走りましたが、依存関係とかが面倒で、いまはWinかMacのコンシューマOSに落ち着いてます(笑)

  3. 名前:あぷらなーと 投稿日:2018/05/14(月) 22:40:25 ID:2b70ac865 返信

    学生時代はMacが好きだったんですが、社会人になってから触る機会が皆無だったので、最近のMacは何が何だかさっぱり分かりません。
    グラフィック回りは性能が良いでしょうから、27インチディスプレイでの画像処理は快適でしょうね。

  4. 名前:にゃあ 投稿日:2018/05/14(月) 23:12:24 ID:226f97544 返信

    あぷらなーとさん、一般的に、社会人になったらクリエイター系でないと、あまりMacにさわる機会はないですよね。Windowsは、電源を入れるとアップデートがかかって、使いたい時に使えないという点が痛いですが、どんなOSでもいいと思います。私はこだわりなく、取っ替え引っ替えです(笑)

  5. 名前:morito 投稿日:2018/05/14(月) 23:12:57 ID:06974f5bc 返信

    こんばんわ
    リンゴは使用経験がないので、??? ですが
    うちとこは、NAS に保存しています。
    端末は全て窓なんですけどね。

  6. 名前:にゃあ 投稿日:2018/05/14(月) 23:40:57 ID:226f97544 返信

    moritoさん、永久保存先をどこにするかと考えた時、NASは現実的ですよね。RAIDを組んでおくと安心ですし。そうしようかなぁ。クラウドストレージは、Amazonのプライムフォトが、RAWの保存が容量無制限なのですが、FITSファイルは無制限の対象ではなさそうで、かつSONYのRAWはプレビューできないようなので、しばらく様子見です。