INDIGO Sky をSDカードに焼く

INDIGO Sky は、Raspberry Pi=ラズベリーパイを使って天体写真を撮影するサーバーです。と言っても、分かったようで分からないので、実際にやってみることにした。

日本語の解説サイトは、T-Studioさんのブログ以外にほとんどみかけないのがつらいところ。「INDIGO Sky」で検索すると、ホテルやらカジノやらのサイトが引っかかってくるので、ネットでも探しにくい。と言っても、まったくないわけじゃないし、ざっと見てみたところK-Stars, E-Kosほどフクザツなものでもなさそうだ。

前のエントリーに書いたけれど、基本的にやりたいのは、Raspberry PiをINDIGO Skyのサーバーとして使い、撮影ソフトのAPTでWindowsからリモート撮影を行うところまで。

まずは、INDIGO Sky をインストールするところから始める。

用意するのはマイクロSDカード1枚。おもちゃ箱を漁っていると32Gのカードが出てきたのでこれを使うことにした。公式からイメージをダウンロードしてくる。

このイメージは、Etcherというソフトを使ってSDカードに焼く。昔から慣例的にディスクイメージをROMにコピーすることを「ROM焼き」とか「焼く」という言い方をしてきただけで、いまは紫外線を使うとか火を付けるとか特殊な作業をするわけではない。Etcherは、Windows版、Mac版、Linux版がそろっていて、プラットフォームを選べるので、私はMac版を使うことにした。

2019-08-07-indigosky.img.zip(2019年10月11日現在の最新版)をダウンロードして解凍する。Etcherを開き、解凍したイメージを選択してボタンを押す。インストール作業はこれだけ。あっけないくらいに終わった。

実際にインストールできたかどうかは別途確認しなければならない。これはまた次回。

『INDIGO Sky をSDカードに焼く』へのコメント

  1. 名前:オヤジ 投稿日:2019/10/11(金) 05:36:56 ID:9cdb2a7e1 返信

    iso.イメージを焼くとか、翌々考えると不思議ですよね。
    昔、Linuxはフロッピーディスク40枚とかでインストールしてました。
    CDに成った時「焼く」って言葉になって、にゃあさん外国語お詳しいので、もしかしてご存じかも。
    何かを例えて「焼く」ってなったんでしょうね。
    OTPROM、そう言えばレーザー光線で焼き切りますね。あれか(笑)

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/11(金) 20:20:54 ID:4bccdb955 返信

      オヤジさん、そういえばWindowsもフロッピーディスク20枚くらいでインストールしたことがあります。英語ではいつから分かりませんが、たぶんBurnで通じますよ。まったく根拠はありませんが、おおもとはOTPROMとかあのへんでしょうね。

  2. 名前:けむけむ 投稿日:2019/10/11(金) 06:46:43 ID:184c13785 返信

    グラボの動作不良とか、ホントにオーブンで焼くと治ったりするらしいので、何かリアルに焼いたのと思いましたw

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/11(金) 20:21:57 ID:4bccdb955 返信

      けむけむさん、ほんとに焼いて直すひとたちがいるんですね。あれ、ハンダを溶かすのですか?

      • 名前:けむけむ 投稿日:2019/10/11(金) 21:54:33 ID:184c13785 返信

        ハンダのひび割れを溶かして誤魔化すらしいです

        • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/12(土) 01:27:11 ID:d9c8f1621 返信

          まさに、力技ですね…恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  3. 名前:是空 投稿日:2019/10/11(金) 13:15:50 ID:60784e706 返信

    高さ3cmぐらいのフライパンで大丈夫?
    油をひくのか、ひかないのかがよくわからんかった。^^

    *** ”焼く”について(勝手な想像ですが) ***
    ”焼く”、”焼き付ける”は、ROM(リード・オンリー)に書き込むことで、リライトできないのでそう表現したんだという認識。
    本文でもにゃあさんがちょっと触れているけど、実際にはEP-ROMのように紫外線を当てると情報が消えてリライトできるのもあるけど、基本的にはリードオンリーとして使うもの。
    そういう意味でSDカードは本来RAMなんだけど、使い方がリードオンリーに近いのでROMとして”焼く”と表現してるんだと思うな。
    ”焼く”という表現は、確かにCDから広く使われ始めたように思うけど、CD出現前からROMへの書き込みは”焼く”と表現していたよ。

    • 名前:けむけむ 投稿日:2019/10/11(金) 19:48:02 ID:184c13785 返信

      多分、石(ROM)に焼く… が語源だと思います。
      ジョブ制御文は、「書く」ではなくて、「切る」って言ってましたが、これは多分、「紙テープを切る」から来てたんだと思います。
      語源すら分からないくらいの死語ですよね (^o^;

      • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/11(金) 20:28:41 ID:4bccdb955 返信

        けむけむさん、書くじゃなくて切るですか…。PRINT文にしてもヘンと言えばヘン。もとはプリンタに出力してたんでしょうか? なぜか語源スレになってしまいましたね(笑)

      • 名前:是空 投稿日:2019/10/13(日) 11:29:31 ID:32affad91 返信

        JCLは切るって,確かにいっていたような・・・・

        おいらの知ってるジョブ制御文って、↓こんな感じの
        STEP01 EXEC PGM=KEMKEM
        IN01 DD DSN=KEM.KEM.IN01,DISP=SHR
        OUT01 DD DSN=KEM.KEM.OUT01,DISP=(,CATLG),
        SPACE=(CYL,(1,1)),VOL=SER=KEM,UNIT=SYSDA
        SYSOUT DD SYSOUT=*
        SYSIN DD DUMMY

        • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/13(日) 11:48:33 ID:923816444 返信

          なんだか、すごい呪文が出てきた…

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/11(金) 20:24:02 ID:4bccdb955 返信

      是空さん、おっしゃっているとおりなのではないかと思います。スマホ界隈でもカスタムROMを焼くと言っていますが、「使い方がリードオンリーに近い」っていうこれでしょうね。

  4. 名前:T-Studio 投稿日:2019/10/12(土) 00:38:43 ID:2d2a78600 返信

    INDIGO Skyお試しになられたんですね。
    INDIGOサーバ・ドライバはINDIサーバ・ドライバと比較するとかなり操作しやすいですよ。(開発者にバグ報告のログを送信しようとしたらアク禁になってしまい未だにINDIGO関連のサーバすべてにアクセスできません。。。VPNでアクセスするとファイルダウンロードの途中で切れるし、Linux関係のリポジトリまでそのアドレスなのでお手上げ状態が続いています。。。。。)
    MACお持ちでしたらCloudMakersのINGIGOアプリ群も操作しやすいのでおすすめです。
    (私は過去にコントロールパネルとDSLRキャプチャを購入しました。サーバ、Solverなどは無料です。)
    APTもいいアプリですよね。(実はこちらも購入してます。(苦笑))
    その当時から問題児のスカイエクスプローラーSE-AT架台がASCOMで問題なく動いてくれていればおそらくWindows+ASCOMのままで、INDIは使用していなかったと思います。(幸か不幸か私の所持するすべての機材がINDIサーバ・ドライバ、しかもおもちゃみたいなラズパイで全て動作したのが移行するきっかけになりました。(UBUNTUでの環境構築もその頃同時進行でおぼえました。。(地獄でしたが。。。。))

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/12(土) 01:33:43 ID:d9c8f1621 返信

      T-Studioさん、雨も降っているので、ちょうどよい機会です。いまゴソゴソとSkyをいじっているところですが、Ekos-INDIの関係もついでに分かってきました。

      うちのMacはiMac27インチなので、遠征に持っていくことができないので、撮影自体はWindowsですることになると思いますが、ラズパイの小さなボディーでプラットフォームを問わずに撮影できるとなると、INDIGO SkyやStellar Mateはかなり大きな助けになりそうです。

      ただ、Pi 3+だと非力なのでしょうか。思うように進まないところがあります。まだ使いこなせてないだけだと思うのですが。

      • 名前:T-Studio 投稿日:2019/10/12(土) 09:58:31 ID:2d2a78600 返信

        台風すごそうですね、皆さん大丈夫でしょうか。

        どのへんがうまくいきませんか?
        私のEAAの構成(スカイエクスプローラーSE-AT架台、ZWO120MC、自作Moonlite互換フォーカサー)ですと、画像のダウンロードに2〜3秒、Solverの解析に8秒〜10秒程度です。(ラズパイ3の場合NanoPi-M4では解析が5〜6秒くらい、ダウンロードは変わらずですね。)
        数年前ベランダで撮影出来たときはアドバンスVX、EosKissX4、FCUSBをラズパイ3(有線接続のVNC、処理はすべてラズパイ3)ですべて動かしていましたが、体感としては上記にそれぞれ2〜3秒追加される程度でした。

        この数字がそれまで使用していたWindows(core2duo)より早かった(特にSolver)のと、その当時私が使用している機器のドライバがすべて動作したのが切り替えたきっかけになりました。(その当時スカイエクスプローラーSE-AT架台だけがどうしてもうまく動作しなかったです。(特にPOTHHUBとSolver)今はメーカーからドライバ出たので問題ないでしょう。)

        ラズパイに限らずSBCの場合、処理する際一番のボトルネックはシステムの入ったマイクロSDの遅さ(SBCで処理する場合)、リモートドライバで使用する場合は通信回線の遅さがボトルネックになりますので、処理用の画像形式と保存用の画像形式を分けて運用したほうがストレスなく作業できますよ。

        • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/12(土) 10:19:47 ID:d9c8f1621 返信

          T-Studioさん、ありがとうございます。窓から見える電車には誰も乗っていません。

          接続はうまく行っているのですが、StellarMateとINDIGO SkyともにASI1600撮影の画像のダウンロードに1枚20秒はかかっている雰囲気です。ASI120のストリーミングは普通に受信できているので、画像の大きさが問題なのだとは思います。処理用の画像形式と保存用の画像形式を分けて運用できるのですね。そのあたり、見直してみます!

  5. 名前:T-Studio 投稿日:2019/10/12(土) 10:48:44 ID:2d2a78600 返信

    Ekosの情報ですがこの辺ご確認ください。(考え方は同じです。)
    https://tstudioastronomy.blog.fc2.com/blog-entry-132.html

    文句はこちらに記載してあります。(笑
    https://tstudioastronomy.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

    ASI1600ですとバッファないと思いますのでWindows、APTに転送する使い方だと通信回線の速度がモロに影響します。(ローカルに保存であればSDカードの速度)
    ドライバにストリームモードがあればプレビューなどはそちらの方が快適です。
    静止画でプレビューやSolver行うときは画素数が低いモードにしてビニングなどしておくと快適ですよ。

    INDIGOはINDIより更にマイナーですが、操作系などはINDIより使いやすく感じます。

  6. 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/12(土) 12:39:14 ID:d9c8f1621 返信

    T-Studioさん、ご指南いただき、ありがとうございます!

    提示くださったURLがEkosだったので、StellarMateでまずやってみました。ASI1600にはCapture Formatを指定するパラメータがありませんでしたので一旦手を引きます。

    変わってINDIGO Skyでやってみたところ、ファイルをJPEGに指定したら、画像そのものは3〜4秒でラズパイからAPTに転送されてきました。WindowsのフォルダにはFITで保存されていました。これなら許容です。ただ、転送されてきた画像が壊れていて何が写っているのか分からないという状況です。今、色々とパラメータをいじっているところです。