木星撮るよ(その3:画像処理編)

AutoStakkert!2でスタックするだけだと、ぼやーっとした画像にしかならないみたいなので、スタック後の画像処理も重要みたい。私はRegistaxのウェーブレット処理がよく分からなかったのだけど、けむけむさんがわざわざ処理してくださって、「1→6で細かい→粗い模様の強調っぽい」ということを教えていただいた。確かに大きな値でブロックノイズ?が出やすいような気がする。
処理するのはFITSで撮影した3000枚(1枚あたりのファイルサイズは4053K)。ROIで領域指定ができた。
Pan=1984
Tilt=2318
Output Format=Fits files (*.fits)
Binning=1
Capture Area=1920×1200
Colour Space=RAW16
Hardware Binning=On
High Speed Mode=On
Turbo USB=80
Flip=None
Frame Rate Limit=Maximum
Gain=350
Exposure=0.063
Timestamp Frames=Off
White Bal (B)=67
White Bal (R)=58
Brightness=1
Gamma=50
Temperature=11.7
AS2_20.jpg
うち20%をスタックした元画像がこれ(SERで撮るつもりだったけど間違えてFITになった。それでも一瞬で3000枚を読み込むところがすごい)。80%のスタックもしてみたけど、見た目違いがまったく分からなかったので20%の画像を処理してみる。ASI1600で撮像するとき、FLIPの値がbothになってるとAS!2でディベイヤーに失敗する。noneを選択しておく。AutoStakkert!2は出来る子だ。
jupiter_RS6.jpg
まずはRegistaxでウェーブレット処理をする。けむけむさんに教えていただいたように、1~4だけを使う。できるだけブロックノイズがでないようにパラメータをいじってみた。強調したおかげで、シャープにはなった。ただ、ザラザラ感が出ている。
ステライメージ8のフィルタにも「マルチバンド・ウェーブレット」というのがあって、おそらくやっていることは似ているだろうから、こっちでも試してみた。SI8だったら、その後のりサイズとか色とか画像処理が一貫してやりやすくなるはず。
jupiter_si8.jpg
ステライメージ8で処理した画像がこちら。トーンカーブでコントラストを上げたり、色処理、画像の反転処理などをしてみた(被写体を縮小しておくことで、ざらつきを目立たなくするという術を使った)。
AS2_20.jpg
AS!2スタック後の画像を再掲。画像処理の仕方でこれくらい違ってくる。画像処理に依存する場面が多いというのは、銀河とか星雲だけじゃないというのがよくわかった。天体写真というのは奥が深い。

『木星撮るよ(その3:画像処理編)』へのコメント

  1. 名前:けむけむ 投稿日:2017/04/16(日) 14:52:03 ID:e4431b9ec 返信

    格子模様出ずにシマシマが強調できたようでおめでとうございます。
    月や惑星は光害があっても大丈夫なので、ベランダ撮影に向いてる気はするんですが、難しいですね…
    TelPlusx2を使って、F16で撮ってますが、もっと明るくして(F8のままとか)露出時間を短くしてみたいと思ってます。

  2. 名前:にゃあ 投稿日:2017/04/17(月) 02:06:44 ID:e2be90956 返信

    けむけむさん、ご指導ありがとうございました! 惑星画像処理の基本が習得できました。おっしゃるとおり、ベランダからも撮りやすいので格好の被写体ですね。機材選びが一層悩ましくなりました。Hαフィルタのテストもしてみなきゃです。

  3. 名前:あぷらなーと 投稿日:2017/04/17(月) 04:21:39 ID:17ba4e387 返信

    お!
    大赤斑が綺麗に出ましたね♪
    大気の分散と思われる色ズレは、AutoStackert!でスタックするときに「RGB Alighn」にチェックを入れておくと緩和されますのでお試しを。
    あと、私が個人的にたどり着いたASI1600 MC用のレジスタックスのパラメータを(参考になるかどうか不明ですが)置いておきますね♪
    Waveletscheme:Dyadic
    Wavelet filter:Gaussian
    Layer:
    1:83.5
    2:51.5
    3:22.5
    4:5
    5:1
    6:1
    私の場合、これをベースにして、
    ノイズが多くなったらDenoiseの値を増やして
    線が太くなったら大きなレイヤーの値を下げて
    解像度が低くなったらSharpenの値を上げて
    ・・・など微調整してます。
    色々と研究してみてください。

  4. 名前:にゃあ 投稿日:2017/04/18(火) 00:58:56 ID:bac11268e 返信

    あぷらなーとさん、パラメータありがとうございました! しかーし、画像処理に関してドツボにハマりかけています! ノイズとかそういう問題ではなくて、倒立像、左右倒立像、正立像が頭のなかで混乱してきました(汗)。そんなことも分からずに撮っていたのかと恐ろしくなっています(爆)もう少し頭を冷やします。