(メモ)スマホで天体導入支援

私のベランダ観望/撮影環境では、天体の自動導入ができません。(1)ポラリエ&AP赤道儀に自動導入機能がない(2)自動導入機能があってもアライメント基準星が見えない、という理由です。
現状、木星や土星、たまに見える一等星を基準星として、星図を頼りにスターホッピングで手動導入をしています。これはこれで星空を旅しているみたいで面白いのですが、正直、効率は悪いです。
モジュール式のAP赤道儀ならモーター部分にエンコーダーを実装できないのか? とか目盛環くらいつけてよ! と思うこともありますが、製品がないのだから仕方ありません。そういうわけなので天体導入支援として、スマートフォンの活用を何度か考えてきました。
スマホで電子ファインダーを実現できないか?

スマホで電子ファインダーを実現できないか?(その2)
http://tentaip.seesaa.net/article/444598718.html
ポラリエとスマホアプリで天体導入をやってみる
ポラリエとスマホアプリで天体導入をやってみる
月が明るい連休、後半戦突入ですね。今回は、ポタ赤=ポラリエに次のような工夫を加えて撮影してみるのが目標です。 (1)ポタ赤用“ピラー”制作 (2)スマホファインダーの投入 (3)スマホによる天体導入 ■ポタ赤用“ピラー”制作 常に庭にピラーがあって、すぐに撮影できちゃうというオヤジさんの撮影環境に憧れています。私の...
スマホファインダーにしたところ、冬場はオリオンのベルトがキャプチャできるので、結果としてM42や馬頭星雲の導入はできました。春になるとM95,M96,M105を画角に入れることができましたが、70mmならそりゃ入るだろうという程度。夏はデネブさえキャプチャできれば、北アメリカ星雲くらいは画角に入るだろう的なアバウトさを抜け出せません。
最近は、惑星撮りをしていたので、スマホファインダー&導入支援のことを忘れていたのですが、Hα撮影をするにあたって、効率はものを言います。で、悩んでいたところ、星天雨読さんが、5年も前に検証をしていらっしゃったのを見つけました。
Androidアプリ「google sky map」で星雲・星団の導入支援装置を
星天雨読-星と自然と- | Androidアプリ「google sky map」で星雲・星団の導入支援装置を
いつも見に来てくれる方、ポチしてくれる方、ありがとうございます。  空が晴れたら星を見上げ、雨が降ったら引きこもり 貧乏者が九州で天体写真を撮ってます。 あとネイチャー写真も。ほとんど夜専門 時々朝(^ω^)  曜日や時間帯によってちょっと重いときがありますが、30秒くらいで表示されるかと・・・   画像等の利用につい...
google sky mapで星雲・星団の導入 番外編 検証その1
星天雨読-星と自然と- | google sky mapで星雲・星団の導入 番外編 検証その1
いつも見に来てくれる方、ポチしてくれる方、ありがとうございます。  空が晴れたら星を見上げ、雨が降ったら引きこもり 貧乏者が九州で天体写真を撮ってます。 あとネイチャー写真も。ほとんど夜専門 時々朝(^ω^)  曜日や時間帯によってちょっと重いときがありますが、30秒くらいで表示されるかと・・・   画像等の利用につい...
google sky mapで星雲・星団探し その2
星天雨読-星と自然と- | google sky mapで星雲・星団探し その2
いつも見に来てくれる方、ポチしてくれる方、ありがとうございます。  空が晴れたら星を見上げ、雨が降ったら引きこもり 貧乏者が九州で天体写真を撮ってます。 あとネイチャー写真も。ほとんど夜専門 時々朝(^ω^)  曜日や時間帯によってちょっと重いときがありますが、30秒くらいで表示されるかと・・・   画像等の利用につい...
で結果は? Androidアプリで星雲・星団の導入 その3
星天雨読-星と自然と- | で結果は? Androidアプリで星雲・星団の導入 その3
いつも見に来てくれる方、ポチしてくれる方、ありがとうございます。  空が晴れたら星を見上げ、雨が降ったら引きこもり 貧乏者が九州で天体写真を撮ってます。 あとネイチャー写真も。ほとんど夜専門 時々朝(^ω^)  曜日や時間帯によってちょっと重いときがありますが、30秒くらいで表示されるかと・・・   画像等の利用につい...
初心者でも星雲・星団導入 google sky map+ポルタ経緯台
星天雨読-星と自然と- | 初心者でも星雲・星団導入 google sky map+ポルタ経緯台
いつも見に来てくれる方、ポチしてくれる方、ありがとうございます。  空が晴れたら星を見上げ、雨が降ったら引きこもり 貧乏者が九州で天体写真を撮ってます。 あとネイチャー写真も。ほとんど夜専門 時々朝(^ω^)  曜日や時間帯によってちょっと重いときがありますが、30秒くらいで表示されるかと・・・   画像等の利用につい...
星天雨読さんは、Google Sky Mapを使い、画角を広げることで実用になったと報告されています。その3のエントリーでは、その興奮が伝わってきますよ。子どもが使用してM27を瞬殺したとか。それから5年経っているので、センサー類も性能が向上しているので、さらに見つけやすいはずです。
ということで再チャレンジ! 前置きが長い。以下、本文。
といっても曇り空なのよねぇ。組むだけ組んでみた。自由雲台、スマホホルダー、スマホ本体、以上!
導入支援.jpg

『(メモ)スマホで天体導入支援』へのコメント

  1. 名前:けむけむ 投稿日:2017/06/21(水) 03:10:24 ID:8aade50d2 返信

    目盛環を自作されてる例もありますヨ
    http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-84fb.html
    スマホ、晴れて実戦投入が楽しみですね。こっちは真面目な梅雨になったようです。

  2. 名前:オヤジ 投稿日:2017/06/21(水) 03:59:05 ID:b307afdaa 返信

    スマホは、GPSから位置情報を貰っているんですよね。
    星図ソフトを起動したことありますが、精度がわるいですね。日本版GPS衛星、みちびきでしたか、30mの精度が10cmに成るらしいですが、星図ソフトも正確に動く様になるんですかね。
    これって、もう運用してましたか?
    関係ないですが、天体観測用に買った軽自動車のナビは、みちびき対応にしました。

  3. 名前:にゃあ 投稿日:2017/06/22(木) 00:08:08 ID:b2534d9a8 返信

    けむけむさん、こちらも本格的に梅雨に入りました。目盛環を自作するという手もあるわけですね。ありがとうございます!不器用なので、ぜんぜん違うものができそうですが(笑)

  4. 名前:にゃあ 投稿日:2017/06/22(木) 00:16:35 ID:b2534d9a8 返信

    オヤジさん、みちびきはたいがいのスマホで受信できると思うのですが、ベランダのひさしの下でも受けられるのかは実際にアプリで確認してみる必要がありそうです。常時カバーできる4機体制になるのは来年だったような。

  5. 名前:あぷらなーと 投稿日:2017/06/26(月) 01:32:56 ID:61f553b60 返信

    スマホでファインダー、良いですねぇ。
    私はこのご時世にも関わらずガラケー使いなのですが、愛用のアンドロイドウオークマン(GPSもコンパスも内蔵してて、一見するとスマホにしか見えない)を取り付けて「何かできないか?」とスマホホルダーを買ってきました。

  6. 名前:にゃあ 投稿日:2017/06/26(月) 02:40:31 ID:cdeef43e4 返信

    あぷらなーとさん、世界初の高音質ファインダーの誕生間近ですね! カメラ機能で電子ファインダー、Google Sky MapやTinyMOSアプリで何かしらできそうです。ほかにもスマートステラやステラリウムモバイルが加速度センサーと電子コンパスを使っているので、試行錯誤はできそうです。
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.stardroid&hl=ja
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tinymos.camera&hl=ja
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.noctuasoftware.stellarium&hl=ja
    https://play.google.com/store/apps/details?id=com.astroarts.android.stlnav&hl=ja