スポンサーリンク

AZ-GTiを連れ出すぞ。徒歩遠征機材の検討と備忘録

東京23区をはじめとする都市部で天体写真を撮ることの一番の障壁は、光害じゃなくてビルや電線などの遮蔽物なんではないかと思い始めるようになったんだ。要は空が狭いこと。

カメラの感度は年々上がっているし、光害フィルターもここ最近になって急激に進歩した。光害の問題は機材で解決できる部分があるよね。でも、遮蔽物の問題はどうにもならないんだ(無電柱化はやく進めてほしい)。

ただ、都市部で撮れる天体に限度があるのは事実。そこで、遠征するわけだけど、時間もお金もかかるわけで、月に2度も遠征できれば万々歳といったところだな。

しかし、自分の生活圏内で徒歩や電車で移動して電線や遮蔽物のない星空を撮ることができれば、時間とお金をかけずに楽しみが増えるよ。得られないのは上質な星空。つまり、質の問題は残るわけだな。マクドナルドかショーグン・バーガーかみたいな話で、しょっちゅうショーグン・バーガーを食べるわけじゃないもん。何を言ってるんだ。

でだ、徒歩や電車で移動するのに現実的な機材を検討することにした。基本路線は「自動導入撮影セットの持ち歩き重量6kgは重いのか軽いのか」のエントリーで書いたことと変わらない。つまり、赤道儀はAZ-GTiで鏡筒は短焦点200mmに限定する。問題は、どうやって持ち運ぶかだった。愛用の旅行カメラバッグ(下リンク)に収まったので、以下、備忘として記録しておく。

収納物の全体感

カメラバッグに収納するバッグ・イン・バッグの数は3つ。このためにコンパートメントの仕切り全部取っ払った。収納物の全体感。

ふたをして、親バッグに収納する前の状態。

3つのバッグの内容物

バッグ1

カメラとウエイトは、ZWOのカメラに付属していた大きさぴったりの巾着に入れる。シャフトの入れ忘れに注意

  • AZ-GTi
  • シャフト
  • ASI385MC
  • 1kgウエイト

バッグ2

12Vのモバイル電源とASI AIR PRO本体は、このバッグに入らないので、それぞれ袋に入れるなどして親バッグの上部に収納する。

  • ワンオフ微動雲台

バッグ3

36ED用のバーティノフマスクはこのバッグに入るので、忘れずに入れておくこと

  • BORG 36ED(主鏡)
  • ASI120MM mini + QHY130mm(ガイド鏡)
  • バーティノフマスク
  • 主鏡ケーブル
  • ガイドケーブル

三脚

親バッグのサイドに収納できる大きさ。

  • Amazonベーシック カーボン三脚

親バッグへの収納方法

バッグ3とバッグ1は、親バッグの下部へ。12Vバッテリーもこのコンパートメントに入れる。

バッグ2は親バッグの上部へ。ASI AIR PROもここに収納。三脚はサイドのホルダーへ。

検討事項

この機材が一つのバッグに収まったのは素晴らしい。ASI AIR PRO だとノートパソコンが不要ってのは大きいな。バッグと三脚も含めた総重量は8.7kg。これにケーブル類や何やらを足していくと9kgにはなりそう。背負ってみた感じ重いは重いが、歩ける(登山でもこれくらい背負うときあるやん)。でかいので、電車に乗ったらリュックを下ろすが吉。

ふりかってみると、2017年に構想していた内容物とは大きく異るな。ポラリエからAZ-GTiへとだいぶパワーアップしているし。36EDはもともとトラベル望遠鏡として準備してきたわけだし。

Amazonのカーボン三脚でも運用はできそうだけれど、風が吹いたら写真が駄目にになりそう。なので、丈夫なINNORELのカーボン三脚も徒歩遠征の検討機材に入れている。持った感じさほど重くないんだが、かさばるのが難点。それがいやなら風に強そうなMOMANのミニ三脚でもいいんだが、セッティング難しそう。テーブルがあるといいんだけど。どちらにしても三脚選びは今後も焦点になりそう。

MOMANの三脚が採用できて、1kgのウエイトが不要になれば2kgは減量できそうだ。軽量化もまだ検討する余地がありそうだな。INNORELの一回り小さい三脚もありかもしれない。

この記事へのコメント

  1. 念のために同梱品リストを忍ばせておくと良いのかなって思っちゃいましたよ♪

    • そー言えば、ヘッドランプの類いがありませんが、都会は明るいから不要と言うことなんでしょうか?

      • ヘッドランプは必要ですねー。ほかにもケーブル類の選定に悩んでるのですよ。あとコンパスとか椅子とか?  どこまで持っていくかも決めないとです〜

    • 同梱品リスト、なるほど! これ必要ですね。ぜったい、何か忘れてしまいそう。印刷して目録つくっておきます!

  2. トレッキングするときには、リュック上部に重いものを入れたほうが背負って歩くときに重心バランスが取りやすくて疲れにくいこともあるので、この場合もバッグ1~3の位置はいろいろ試してみるのもいいかと思のですよ~

    • kommyさん、はじめまして! ですよね。コメントありがとうございます。リュックも鏡筒と同じようにバランスが必要なのですね。赤道儀じゃなくて自分自身だから、担ぎやすさがかんたんに判別できそうです。バッグ1と3を入れ替えるのは簡単なので試してみます!

  3. 9kgかぁ。
    未舗装の山中を上り下りするわけではないので、余裕といえば余裕だな。
    でも箸より重いものを持ちたがらないにゃあさんには、もう少しダイエットが必要かもね。
    ^^;イヤミデス
    背負うのではなく、転がすってのはどうなの?
    昔に比べて、街中で転がす人って増えたよね。
    以前は海外旅行だけのものだと思ってたけどさ。

    • 5kgのウエイトを両手で運ぶだけでも重いと思っているので、ダイエットしたいのですが、機材そのものの重量を単純に足し込むと6kgくらいが限界な計算ですね(算数弱いけど)。
      旅行用のコロコロはあるんですが、私のはホテルではともかく、屋外では扱いにくいなぁって思います。あと音がうるさくて、動く工事現場みたいなのがちょっと気が引けます(笑)
      なので、ゴムローラー付きのカメラバッグならいいかもですね。仕事仲間が使ってました。入れっぱにしておけば、AZ-GTi用のカメラケースにもなりそう。いいかもです。

タイトルとURLをコピーしました