ステライメージ8でSERが扱えるようになった!

ステライメージ8の「8.0fアップデータ」が公開されたよ。「お読みください」を読むと、11ほどの機能追加があるみたい。そのなかでも、個人的に注目したいのは次の2点。

・MP4、MOV、WMV、SER の各形式ファイルの読み込みをサポート。
・大気のプリズム効果で発生する色ずれを補正する「惑星色ずれ補正」の機能を
追加。

火星人大接近を意識したアップデートだよね。「え? 動画が読み込めなかったの?」と言いたくなるけど、これまでもAVIファイルは読み込めたんだ。ただ、それ以外のフォーマットが読み込めなかったというわけ。

ASIやQHYのカメラでは、SERでファイルを吐き出すことが多くて、Autostakkert! (AS!)で処理していたんだよ。もっとも、動画はAS!で処理をするのが定石になっているので、ステライメージを使おうという頭がそもそもなかった。

次の「惑星色ずれ補正」はAS!に付いている機能なので、目新しくないといえば、目新しくない。けど、SERが使え、色ずれ補正が効くなら、AS!の代わりになれるかもしれないよね。これは赤缶使い、スティックのり使いにとって、嬉しいアップデートだよ。いや、期待だけに終わるかもしれない。だったら、やってみなくちゃ分からない、大科学実験で!

サポート - ステライメージ8

さて、アップテータをダウンロードする。難なくアップデート完了。ステライメージ8のファイルメニューから動画を開いてみる。「開く」じゃだめで「動画を開く」を選択しないといけない。確かに*.serが選べるようになってる。

開いてみた。708フレームある。コンポジットは上位を評価値限定で選択できる。ASのように、品質判定グラフが出てこないので、ここは勘だ。上位30%212枚にしておく。実行ボタンを押す。フレームの一コマずつを読んでるのかな? 時間がかかる。読み込みが終わったら、コンポジット処理へ。進捗バーが出るので、ほったらかしでもよい。

できた。コンポジットされた画像が出てきた。「惑星色ずれ補正」はどこでやるんだ? 「ツール」メニューのなかにハケーン。色ズレっていうほど、ズレてないので、分からないんだけど、向きと赤青でそれぞれずれ量をピクセル単位で補正できる。向きは数値入力なので、直感的にわかりにくい。そのときは、「向きを表示」をチェックしたら矢印が出てくる。よくわからないから「自動補正」を選択する。調整されたらしい。

で、どうするんだ? この先、これまでのやり方ならRegistax(RS)送りにするわけだ。で、RSに送ってみた。

午前2時45分追記:AS!の代わりになるかもというところまでは期待が持てますが、以下、まったくのデタラメです。使ったファイルがRS処理済みの画像でした。間違ってました。ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。

あれ? いじる必要もないくらいにキレイに模様がでてないか? waveletがすでにかかってるんだろうか? ちょっとしたノイズも表面に見えるぞ。これ以上、いじる必要もなさそうなので、ステライメージ8の処理だけにしておく。

出来上がりはこれ。AS→RSの処理を噛ませた木星とステライメージ8単体で処理した結果を並べておく。模様の出方はおとなしくて、いやらしい処理にはなっていない。RegistaxでいうところのDyadicとLinearの間くらいの処理か、Linearよりといった印象。Registaxを使わなくて済むなら、これはこれでありなんじゃないかい?

さらに、Photoshopで「かすみの除去」をかけると、模様がよりはっきりした。悪くないよね。これはAS!、RSいらずの画期的なアップデートかもしれないよ!

『ステライメージ8でSERが扱えるようになった!』へのコメント

  1. 名前:けむけむ 投稿日:2018/07/05(木) 16:23:14 ID:2d49ce22b 返信

    どう見ても、SI8 より AS!2+RS の方が良さそうな…

    • 名前:にゃあ 投稿日:2018/07/06(金) 00:44:45 ID:0e10a9718 返信

      けむけむさん、紛らわしくてすみません。赤字より下は、SI8で処理した画像はないのです。次に検証するとしたら、AS!+RS vs. SI8 vs.RS なんだと思いますm(_ _)m

  2. 名前:オヤジ 投稿日:2018/07/05(木) 16:42:59 ID:72ea44b43 返信

    やってみました。
    分かり易くて、オヤジは、ステライメージ8.0f暫く使ってみます。
    火星は、今月末でしたよね。
    関東は、梅雨期間、やり直しみたいですね。(笑)
    梅雨明け、早すぎると思ったんだよね。

    • 名前:にゃあ 投稿日:2018/07/06(金) 00:47:07 ID:0e10a9718 返信

      オヤジさん、使い慣れたソフトで完結するとしたら、お手軽ですよね。AP打ちとか考えなくて済むというのもメリットだと思います。特性がわかってきたらSI8とAS!を使い分けることもできますよね。

      関東、梅雨明けて空が透明だと思っても、風がビュービューで写真どころではなかったです。おっしゃるように、再び梅雨入りですかねorz

  3. 名前:あぷらなーと 投稿日:2018/07/07(土) 09:52:48 ID:b46cdc868 返信

    実用になるかどうかは別としても、手持ちの札が増えるのは良いことですね。
    ケースバイケースで色々と使い分けできるとうれしい♪
    続編レポートにも期待します!

    • 名前:にゃあ 投稿日:2018/07/07(土) 10:52:19 ID:e707ac925 返信

      あぷらなーとさん、おかえりなさい! オヤジさんの作例を拝見すると、実用になりそうな感じでした。しかし、空が晴れません。晴れたら強風とか、意地悪です。