ピカ、ピカ?

pika.jpg
「これは何ですか?」ってピカチュウが言ってます。裏返しになっているのがビクセンの「プレートホルダーSX」で、黒いのはアルカスイスのクランプです。なぜにこんなくっつき方をしているかって?
セレストロンのC5は、ファインダー座が固定されているので、付属の光学ファインダーを主に使うことになります。ファインダーはそれでよしとして、ガイドをどうするかの問題が出てきます。手持ちのM-GENさんは、アルカスイスプレートを履いていますので、このままだとC5につけられません。かといって、鏡筒の背の部分にアタッチメントがつけられるプレートもないのです。困った。
ただ、鏡筒自体はアリガタ・アリミゾで接続するようになっているので、腹の部分にアリガタプレートが走っています。鏡筒のアリガタにプレートホルダーを接続、さらにアルカスイスを組み合わせたら、「C5の腹にM-GENを抱えさせられるんじゃないか?」というわけ。
もともとボトムヘビーなので、重りの代用になるかもしれないと考えましたよ。夜遅いから、実際に鏡筒にぶら下げるのは、また別の日にするよ。
「ピカチュウ、わかった?」
「ピーカ、ピカ!」

この記事へのコメント

  1. C5は長いドブテイルが付いてるタイプだと、うまく行きそうですね。GS200RCも背中に乗せるか腹側にぶら下げるか悩みましたが、ファインダーや取っ手兼用なので背中にしました。
    バランス的には腹側のさきっちょが良さそうですが…

  2. 鏡筒バランスで悩まないのは、FS60CB位ですね。(笑)
    フリップミラーを付けると、GS200RCも、EdgeHD800も、バランスが主鏡の外側になってしまい、フリップミラーを下から支えるため、70cm位のアリガタプレートを色々物色中です。(汗)
    でも、鏡筒にこれをどう取り付けようかとか、結構、悩むのは好きです。(笑)

  3. けむけむさん、そうですね。前の方にぶら下げてみます。これでうまくいくといいのですが。

  4. オヤジさん、たしかにフリップミラーにすると重心が後ろによりますね。日本刀みたいに長いレールがあったら前後のバランスがとりやすそうです。

  5. おおっ。これは親子亀方式ならぬ『コバンザメ方式』ですね!
    私も愛用している方式です。
    気をつけないと赤道儀とくっつきそうになることがありますが、色々と理にかなった取り付け法だと思います。

  6. あぷらなーとさん、コバンザメなんですね! さっき付けてみましたが、赤道儀と干渉しそうです。別の方法を考えねばです。

タイトルとURLをコピーしました