あれはUFOですか? いえイリジウム・フレアです

星を撮影するために夜空を見上げていると、「あれってUFO?」っていうほどの衝撃体験、たとえば牛が宙を浮いて連れ去られるとか、はないものの、「あの光は何なんだろう?」ってことはある。星野村@星の文化館さんが、そんなときに光の正体を知るためのフローチャートを発表していたよ。

私は、今年のはじめころ、北の夜空を見上げていたら、大きな青い光が一瞬、ストロボのように光って消える現象を目にした。「ビカーッ!」って音でもするんじゃないかっていうくらいのスゴイ光だった。そんな体験があったので、このフローチャートを使って、その正体を探ることにしてみた。あれは、なんだったんだろう。

チャートは「昼か夕方だった?」から始まって、「とても明るく光ってあとかたもなく消えた」までたどる。このチャートによると私のケースは「電線やカーブミラーの反射、流星または火球、人工衛星のフレア」ってことだった。電線とかカーブミラーじゃないのは分かる。流星や火球は分かると思う。だとしたら人工衛星のフレアってことか。

人工衛星の航跡って、見たことあるよ。ヒューって光の点が動いていくの。飛行機の航跡よりもスムースな感じだよね。でもフレアって航跡とは違うの? 意識したことないな。YouTubeでフレアを検索してみた。

あった。あった。私が見たときは、肉眼だったので航跡は見えなかったけど、爆発的な光り方はこんな感じだったよ(30秒あたりから)。

【テスト撮影】2017年5月6日2時09分頃出現したイリジウムフレア

イリジウムフレアだったことがほぼ確定。その明るさにびっくりする。「何だー???」って声が出たくらいだもんね。ということで、チャートを使ったことで光の正体が分かったのでした。めでたし、めでたし。

この記事へのコメント

  1. あぁこれはたまに見かけますね。
    昨日ISSを撮影する準備をしている時にこれを見たばかりです。
    一瞬、あれ?もうISSが来ちゃった?まだ時間になっていないのにと焦りました。
    それはすぐに消えたので、あぁ他の人工衛星のフレアだったかと思い直したのでした(^^;)

    • カメラde遊ing さん、たまにあるのですね。銀河や星雲を撮影しているときに、こんなのが写真に映り込むと迷惑かと思いましたが、それはそれで記念でしょうか。飛行機の航跡は、ありがたくないです(笑)

  2. 確認するまではUFOで間違いないはず。
    だから確認してはいけないのだ。^^

    • 是空さん、なるほど、UFO=未確認飛行物体ですものね。中から人らしき者がでてきたときは、チャートで確認せずに逃げることにします!

  3. 次女もオヤジも、天体観測2カ月目頃の真冬、ラブジョイ彗星を田んぼで撮影中に、火球のようなのが、北→上空→南(湘南海岸方面)で、3個に割れて消滅。
    その後、二人同時に、何、この匂い。
    初めて嗅ぐ匂いだな~と、クンクン。
    これ、本当。
    上の双六には、匂いが無いですね。
    真面目です。

    • オヤジさん、匂いがすることがあるのですね。ぐぐってみたら、硫黄の匂いがしたとか、いくつか記述がいくつかありました。3個に割れて消滅した場合でも、火球とは限らず、軍事衛星の場合もあるようですね。「焦げた金属などを見つけた場合は慎重に扱う必要がある」。ある意味、UFOよりも怖いです ガク((( ;゚Д゚)))ブル
      https://www.discoverychannel.jp/0000045506/

  4. 地元、平塚市博物館の天文関係の学芸員さんの「藤井大地 @dfuji1」さんの固定カメラの流れ星・流星は、時にTVでも放映されてます。
    確か、この時も、火球の記事が流れてました。
    匂いのセンサーは、未だに全世界開発されてませんけど、その内(笑)

    • オヤジさん、「藤井大地 @dfuji1」さんのツイッター見ました。5月17日にも出現していたのですね。というか、しょっちゅう火球が発生していることに驚きました。その都度、匂いも発生しているわけですよね。きっと石の種類によって匂いが違うんだろうなぁ。

  5. これも経験があります。
    それに加えて”ブンッ”って音と煙りを匂いと共に体験しました。
    八ヶ岳の山中を歩いていたときです。
    比較的近くの頭上を隕石みたいなものが通過したようでした。

    • カメラde遊ingさん、音と煙りを匂いが伴うというのは、なかなかない貴重な体験ですね。流星を見る目が変わりました。私だったら、恐怖していたと思います。

      私が経験したのはこうです。“ブッ”という音がしたので振り向くと、おじさんがバツの悪そうな顔をして立っていました。まぎれもなく、おならでしたが、さすがに煙は出ていませんでした。

      スミマセン…m(_ _)m

  6. ボーッと生きてると、じゃなくて流星観測等でボーッと星空眺めてると、見られることがありますね。
    でも知識のない人間から見たら、UFOだ!ってことになるかも。

    • せろおさん、私が見た光が今日までイリジウム・フレアだと考えなかったので、超新星爆発が起きたの何だろうかとか、本当にわかりませんでした。まさにUFOでしたね。予測もできるということが分かったので、機会があったら狙ってみようと思います。

  7. 昔、ひとりで遠征観測している最中に、シンチレーションで七色に輝く雲間のシリウス(だったかな?)を見て「UFOだー。動いてるし色がどんどん変わってるー!絶対に星じゃないー!」と、こちらに懸命にアピールしてきた一団がいて閉口しました。
    こんなシートがあれば渡したのにー。

    • あぷらなーとさん、きっと彼らはシリウス星人で、母船がお迎えにやって来たのだと勘違いし、つかの間の帰国の喜びに浸っていたのですよ。もし、あぷらなーとさんが冷静にシートを渡していたら、彼らは悲しみとやり場のない怒りのために、地球を破壊していたかもしれません。結果オーライでした。なんちゃって(笑)

タイトルとURLをコピーしました