スポンサーリンク

月と金星と猫

月と金星と水星が近いと聞いて、撮りにでかけたんだが、思ったより離れてた。α6400の手持ちの専用レンズで一番長いのは70mmなんだが、APS-Cだとトリミング耐性も高く、クロップしてもあまり気にならない。フォーサーズとは大きな違いだな。しかし、水星どこ? ブログにアップすると、写真がこころなしか暗くなる。なんでだろう。

拡大したら、水星らしき点が写ってた。しかし、分かりにくい….。DeNoiseAIしたら消えるくらいの点だし。

水星が判別できるコマがあったので追加。これなら納得できる。

帰り際、真っ暗な茂みに隠れていた猫を激写。ちゃんと耳に切れ込みが入ってるね。左耳だからメスかな。ISO32000で撮ってみた。DeNoiseAIをかけてみたけれど、やっぱり限界はあるか。

金星とすばる、ISS、そして電線
金星とすばる、ISSが一か所で見られるっていうんで、α99改とTamron 28-70 F2.8で撮ってみた。電線も添え物としてはおもしろいか。70mm、F8、15秒露光。 Color Efexで強処理して遊んでみたのがこちら...

 

この記事へのコメント

  1. 月水金、撮れたんですね!
    西側が厚い雲に覆われ、な~んも見えませんでした・・・

    猫の耳カットの話は知らなかったでググりました。
    去勢済みの目印なんですね、初めて知りました。

    • 30枚くらい撮ったんですが、どれも写ってないなーと思ったら、水星だけが雲に隠れていたので「東京じゃ見えないのかー」って騙されました(汗)。近所の野良猫の耳にカットが入ってるのって初めて知りましたよ。

  2. 桜猫、いい感じっすね~

    え?水星には触れないのか?ですって?
    そこは言わないお約束。

    • けむけむさん、ありがとうございます。だいじょうぶです、タイトルからして水星に触れてないので(笑)

タイトルとURLをコピーしました