2018-03

スポンサーリンク
日記

木星の予習

見出しは、オヤジさんのパクリです(笑)。午前零時を過ぎるころから、ようやく、にゃあさんちのベランダから木星が見えるらしいことが分かったので、準備をしておく。(追記:間違えてた午前3時ごろらしい……) 以前、C5のファインダー改善をしてムサイ...
2
日記

モバイル・トラベル用鏡筒 前回比マイナス60g

昨日、月を撮影した36EDは、前回比マイナス60gを達成した。まぁ、そこまでムキになってやらなくてもいいような気がするけどさ(汗) 鏡筒バンドプレート込み 490g。手に持った感じ、軽いと思える重さ。不格好は不格好なんだけど、バンド込...
6
BORG

BORG 36EDとACクローズアップNo.5で撮り比べ

ACクローズアップレンズ No.5とBORG 36ED、どちらも焦点距離は200mm。撮り比べてみたらどうか? 撮り比べてみた。 カメラはSONY NEX5を使った。いずれもJPG撮って出しで、等倍トリミング。ACクローズアップレンズ N...
10
日記

36EDと減量

トラベル・モバイル用途として入手した36EDについて、この子と相性のいい組み合わせを探ることになりました。軽い構成を目指します。カメラはCマウントで行きます。 MMF-1を活かしてみればどうなるかとまずはやってみました。Cマウントなので、前...
6
BORG

BORG 36ED APOCHROMAT

現行のなんちゃって望遠鏡はアクロマートレンズです。眼視は問題ないけれど、直焦点撮影となると、なかなか使う気にはなれません。でも、EDレンズ高いよね。気軽な撮影用鏡筒になってくれるレンズがないだろうか? と手に入れたのがこれ。 BORG 3...
4
日記

R200SSに慣れなければならない

R200SSを活用しようと思っているのだけれど、この鏡筒でまだ満足できる写真が撮れていません。この子をセッティングしたときはだいたい空が曇ったり、カメラが結露したり、L画像を失敗したりと、たいがいうまく行かないのです(例外としてM51の2回...
8
日記

そろそろ春の銀河まつり

そろそろ春の銀河まつり。系外銀河ってあんまり撮ったことがないから、どんな風に写るかよく分かってない。上杉蒼太さんが、春の花火やしし座の銀河三兄弟をR200SSで撮影されていて、まねっこする気十分。 春の花火 しし座の銀河三兄弟 気に入っ...
14
ポラリエ

ポタ赤はポタ赤らしく。ポラリエの頭を軽くした

仕事のストレスをパーツで発散するのだ! まったく健全な発想ではないけれど、安いパーツなので許して(笑) 以前、にゃあのポラリエを紹介しました。この構成のいいところは、アリガタをそのまま載せられるということです。しかし、見るからに重いでしょう...
4
機材

これは何ですか?

抱えていた2つの大きなタスクがようやく終了しました。うち副業の出来が今ひとつだったので、気分が重くて吐きそう。また、連休前までもう一つ大きな仕事があるんですが、気分が乗りません。GPVをみると、真っ黒な空なんだけど、実際に見上げてみたら曇り...
8
望遠鏡を作る

なんちゃって望遠鏡を「お気軽観望用望遠鏡」に

あぷらなーとさんのGskyer望遠鏡レビューに、moritoさんが「経緯台に乗っかってるお気軽観望用望遠鏡 一つあってもいいですよねぇ」とコメントされているのを見て、それ!それ!と経緯台を引っ張り出してきました。 『激安望遠鏡』に手を出して...
6
天体写真

IC405 SAOチャレンジはカレー味

やっぱりいろんな意味で完敗だったようです。昨日の遠征で狙ったのは勾玉星雲ことIC405でした。お月さんが明るいのでナロー撮影としたわけですが、前回書いたように大失敗。それでもR200SSのF4という明るさに助けられ、十分とは言えないけれど、...
8
日記

復帰戦は完敗、バッテリーと極軸合わせなど

一年前にほぼ同じタイトルのエントリーを書いたような気がする……。久しぶりに遠征しました。およそ1ヶ月ぶりです。寒くはありませんでした。撮影を継続していないからでしょうか。いろいろと問題がありました……。と書き出しもほぼ同じでよいようです。 ...
9
日記

Vixen FL55SS鏡筒が発売とかです

ビクセンさんがCP+2018で14の新製品を発表したとかです。双眼鏡商品6、天体望遠鏡商品7、顕微鏡商品1。天体望遠鏡に関してはフローライトを使用したFL55SS鏡筒と経緯台のモバイルポルタが目を引くところでしょうか。 Vixen 天体望遠...
2
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました