月の模様を巡る、もうひとつの物語

むかし、むかし、まだ、うさぎが月で餅をついていたころ、
九州の熊本で、ある夜のできごとじゃった。
鎮守の森のお祭りを控えて、
村の衆から金を預かった一人のおっさんが、
お神酒を買いに、村外れの酒屋にやってきたんじゃ。
トントン
「夜分すんまへんな。お神酒買いに来ましてんけど(なぜか大阪弁)」
「ああ、せいべえはんでっか。ええ酒おまっせ。帰りに飲んだりしたらあきまへんで」
「わしは、まぁ、酒すっきゃけどな、そんなことしまへんがな」
月明かりに照らされ、自分の影を見ながら、ぼちぼち家路に向かってると、
両手に持った徳利から、お酒のいいにおいがしてきたんじゃと。
「一口くらい、ええやんな? 誰も見てへんやんな?」
ぐびっ
「これは、うまいわ。ええ酒やわ」
ぐびっ、ぐびっ
せいべえ、いつの間にか、お神酒に手を出してしもうた。
「♪じゅうごやぁ、お〜つきさ〜ま〜、みて、は〜ね〜る〜♪ っと」
ほろ酔い気分で、道端の木陰を見ると、人影のようなものが見えた。
「おぅ、そこに突っ立っとんは、だれじゃ! 出てこんか! われぇ!」
せいべえがまくし立てると、木陰から現れたのは、大きな熊じゃった!
「ウガーー、酒よこせクマー!」。せいべえ目掛けて突進してきた。
「これはワシの酒じゃ、熊ごときに飲ませられるかっ」
「ウガーー、酒クマー!」
クマーがせいべえに右パンチを食らわせようとした、ちょうどそのとき、
白いあご髭を生やした赤鼻の神様が、一人と一頭に割って入って、
手にした杖を振り上げながら怒鳴り始めた。
「この、バカもんが! そりゃ、ワシの酒じゃ! 」
「おっさん、誰か知らんが、酒を買ったんは、このワシや!」
「お前の金とちゃう言うねん!」
「ウガーー、酒クマー!」
三人は、お酒をめぐって、取っ組み合いながら醜い戦いを繰り広げたんじゃが、
人も熊も神様には勝てるわけがなかろうの。
怒り心頭の神様は、罰として、せいべえと熊を月に上げてしもたんじゃと。
「ワシの酒、台無しにしやがって、お前ら、二度と帰ってくんな!」
そうして、一人と一頭は、月の住民になってしもうたんじゃが、
せいべえが左手に持っていた徳利は、
いつの間にか「神酒の海」と呼ばれるようになったんじゃ。
それから、そう、後に熊の末裔は九州に住むことを許されなくなったそうな。
おしまい。
yopparai.jpg
月の画像を処理していたら、月の模様が酔っぱらいと熊が戦っているシーンに見えてきた。もう、そうにしか見えなくなってしまって、へんな昔話が頭に浮かんできた。でも、どの満月の写真を見ても、この昔話の絵ように見えるようなら、案外、適当な絵ではなくなるかもしんない。
というのも、別にうさぎでもカニでもいいんだけど、月の地形を人や動物のパーツごとに分解して覚えられるというメリットは大きい。実際、酔っぱらいと熊のおかげで、月の地名とその位置を随分と楽に覚えられた(間違ってたらごめんね)。
熊の顔 = 雨の海
熊の鼻 = 腐敗の沼
熊の鼻先 = アペニン山脈
熊の腕 = 島の海
熊の右手のひら = 蒸気の海
熊の右耳 = 虹の入江
熊の左耳 = プラトンクレーター
熊の踏み出した右足 = 雲の海
熊の左足 = しめりの海 (熊もびびっておもらしした)
熊が出てきた木陰 = 嵐の大洋 (嵐の前の静けさ)
せいべえの顔 = 晴れの海
せいべえの背中 = 静かの海
せいべえのケツ = 豊かの海
せいべえ左手の徳利 = 神酒の海
せいべえ右手の徳利 = 危機の海
熊の左腕は何というところ? せいべえの股間にあるクレーターは? と疑問も湧いてくる。
ちなみに、せいべえは上野御徒町にある「本格味噌拉麺ライス専門店」さん。「ぶたみそ」がうまい。

『月の模様を巡る、もうひとつの物語』へのコメント

  1. 名前:オヤジ 投稿日:2017/07/10(月) 11:24:50 ID:c7d9e9789 返信

    昔から、この漫画で言うと右側は、小学生が帽子被ってランドセルを背負って、左から右の方に歩いてる横の姿に見えるのですが、ウサギの餅つきに見えた事無いですよ。
    こういうのは、星雲なんかにも落書きして、面白い星雲名を付けてる方も居て面白いですよね。(笑)

  2. 名前:あぷらなーと 投稿日:2017/07/10(月) 11:31:48 ID:2d584734a 返信

    カニに見えるとか、女性の横顔に見えるとか、カエルに見えるとか・・・等々、国や地域によって様々な見立てがあることは小学校の頃に読んだ図鑑で知っていましたが、「熊とせいべえ」という見立ては斬新ですね。
    言われてみると、熊にしか見えなくなってきました。

  3. 名前:けむけむ 投稿日:2017/07/10(月) 20:08:20 ID:2a92326bf 返信

    昔話と言うよりは落語ですねぇ~ (^o^)
    そーか、そーゆーことで、九州に熊が居なかったのかぁ。

  4. 名前:にゃあ 投稿日:2017/07/10(月) 23:19:08 ID:37eef0b8c 返信

    オヤジさん、もうね、学帽をかぶった小学生にしか見えなくなってきました(笑)のどかに歩いていますよねぇ。熊が肩をたたいてるとか、おかしな風景が頭のなかで展開されてしまっています。星雲の落書き見たことありますよ。北アメリカ星雲が大阪のオバチャンになっていて、ペリカンが怒られているやつ。もう、あれからメキシコ半島部分がアゴに見えて仕方ありません。傑作でした(爆)

  5. 名前:にゃあ 投稿日:2017/07/10(月) 23:25:14 ID:37eef0b8c 返信

    あぷらなーとさん、月面模様の読み取りは一種のロールシャッハ・テストですかね? オヤジさんは小学生に見えて、私は酔っ払いに見えて……この違い、精神分析されたらどうしようかと不安になります(汗)

  6. 名前:にゃあ 投稿日:2017/07/10(月) 23:27:28 ID:37eef0b8c 返信

    けむけむさん、九州に熊がいない理由、私も初めて知りましたよ。って違うか(笑)下手な落語に目を通してくださってありがとうございます(^^) 話が落ちていたようなら良かったです〜