工具なしでレデューサーを自作する方法を思いついたった

にゃあさん天才か。こんな簡単な方法でレデューサーが組めるとは思わなかった。もっと早く思い付けたものを。既知の方法かもしれませんが、自分用のメモを兼ねて共有しますね。

用意するもの
(1)ケンコーACクローズアップレンズ52mm径 No.2〜5お好きなもの
(2)BORGカメラマウントホルダーM【7000】
(3)バシュポ延長筒 14mm(別にBORG延長筒MとかLでも良い)

理屈は簡単で、BORGのカメラマウントホルダーMの内側に52mmフィルターが装着できることを応用したものです。このため、ケンコーのACクローズアップレンズは52mm径でないといけません。ただし、カメラマウントホルダーMに52mmがねじ込めるのは、新ロットからです。旧ロットはねじ込めないらしいのでご注意を。レンズの凸面は対物側を向いています。

バシュポ延長筒の部分は、14mmよりも長くても短くても構いません。14mmの長さがあると一番ぶ厚いNo.5を収めるのにほぼちょうどいいサイズでしたので、私はこれを使うことにしただけです。それぞれねじ込んだら作業終了。

この方法のメリットは大きく2つあります。

(1)特殊な工具がいらない
これまで、私がやっていた方法は、カニ目レンチやラバーレンチなどがどうしても必要でした。しかし、この方法では特殊工具が必要なく、リングにレンズをねじこむだけでレデューサーが製作できます。No.5をNo.4やNo.3に変えたい場合も簡単です。

(2)マウントを選ばない
これまでの方法だと、T2リングにレンズを埋め込んでいましたので、カメラマウントごとにT2リングを用意しないといけませんでした。この方法だと、BORGから発売されている各種カメラマウントEOS用【5005】、ニコン用【5003】など必要に応じて装着できるので、レデューサー本体は1つで済みます。

他にもT2リングには収まり切らないNo.5も使えてしまうと言うメリットがあります。

延長筒でクローズアップレンズをケーシングした状態がこちら。これでM57のBORG延長筒に接続できます。私はM57回転装置DX【7352】に接続してみました。対物側をM42に接続したい場合は【7528】を使うことになると思います(接続確認済み)。

追記:あぷらなーとさんの記事(2015年 01月 03日)ハケーン!

https://apranat.exblog.jp/23502553/

『工具なしでレデューサーを自作する方法を思いついたった』へのコメント

  1. 名前:けむけむ 投稿日:2019/10/06(日) 04:54:27 ID:70176bfdc 返信

    いろいろと、ゴソゴソされてるようで。
    工具要らないのもいいですが、カニ目って何か憧れます。持ってないし、レデューサ作ったりしないので不要だけど (^o^)

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/06(日) 09:39:04 ID:14d77efb4 返信

      けむけむさん、あのメカメカしい雰囲気がいいですよね。時計の裏ブタも外せるらしいですよ。そんな時計持ってないですけど(笑)

  2. 名前:是空 投稿日:2019/10/06(日) 13:40:16 ID:9ddc940af 返信

    環状星雲、オリオン大星雲がどうしたって?
    Mxxって、メシエカタログナンバーでしょ?^^;

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/06(日) 13:50:33 ID:14d77efb4 返信

      是空さん、メシエのカタログよりBORGのカタログの方が複雑ですぜ。

      • 名前:是空 投稿日:2019/10/06(日) 15:49:22 ID:21407b616 返信

        BORGの製品番号にはM57やM42とか出てこないもん。(*^^*)

        • 名前:けむけむ 投稿日:2019/10/06(日) 18:15:33 ID:70176bfdc 返信

          M57 とか M42 とか、武器(銃)にもありそう…

          • 名前:是空 投稿日:2019/10/07(月) 14:44:39 ID:47dce5424 返信

            確かにアーマーライトな名前っぽい。

  3. 名前:zhya 投稿日:2019/10/06(日) 18:19:07 ID:697619698 返信

    はじめまして。
    天リフ編集部のブログ更新情報でお見かけしてやってきました。
    この方法、ヤフオクで買ったBORGセットで見たことがあります!
    カメラマウントを付けて組まれた一式で、撮影で使っておられたそうです。(たぶん天体以外の)
    届いたBORGをウキウキしてバラしていたら、中から全く同じ方法で取り付けられたACクローズアップレンズが出てきて驚きました。
    もしかしたらカメラ撮影方面ではメジャーな方法なのかも知れません。
    BORGはカメラレンズとして使われる方がたくさんおられるのに、天文とカメラで世界が分かれちゃってノウハウが共有されにくいのはもったいないなあと思います。

  4. 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/06(日) 18:42:18 ID:14d77efb4 返信

    zhyaさん、初めまして! ヤフオクに出品されていましたか。情報をいただいてありがとうございます! なるほど、カメラ界隈のBORGのノウハウを学んでくると言う手がありましたね。おっしゃる通りです。幅広く情報収集してみますm(_ _)m

  5. 名前:TANKO 投稿日:2019/10/08(火) 08:53:08 ID:4914a34dd 返信

    にゃあさん、初めまして。

    このやり方はPENTAXのAFアダプターを使ってBORGをオートフォーカス化する際によく用いられているやり方ですね。
    BORGで野鳥撮影をされている方の中ではよく知られている方法だと思います。
    外からは中に組み込まれているクローズアップレンズが見えず、スマートですよね。
    私も8年ほど前からこのやり方でBORG71FLをオートフォーカス化して使っています。

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/08(火) 14:26:58 ID:39348da46 返信

      TANKOさん、初めまして! TANKOさんは8年も前からすでに使いこなしてらっしゃるんですね。私はそれを知らずに分解してました(笑)T2リングに埋め込む方法も一石二鳥なところもあるので、使い分けしていきます!

  6. 名前:あぷらなーと 投稿日:2019/10/08(火) 10:28:59 ID:927538e90 返信

    おお、ついにこの方法に辿り着きましたかー。

    私もこのやり方に近いです。
    BORGのパーツには内部に52mmネジが切られていることが多いので便利ですよね!

    • 名前:にゃあ 投稿日:2019/10/08(火) 14:29:14 ID:39348da46 返信

      あぷらなーとさん、試行錯誤の結果たどり着きましたが、なぜこの方法を最初に試さなかったのかと。先入観って怖いですね(笑)

      52mmパーツはあちこちに転がっているようなので、材料費はだいぶ安くなりそうです。でも、どうしてもフォーカサーの部分だけが安くなりません。SE102を買ってきてバラした方が安いってどういうことかと思います(汗)