スポンサーリンク

怪しいものショッピング! 新種?みたことがない金属バーティノフマスク

バーティノフマスクのなかでも、透明バーティノフマスクは従来の3倍の透過量でピント合わせがしやすいという商品でした。今回、ご紹介するのは、透明ではなさそうなんだけれど、メッシュが細かくてほとんど透明に見えてしまう「ステンレス鋼フォーカスマスク」ですよ。

人工星を使って焦点を合わせている説明ビデオもあるのですが、中国語のためさっぱり分かりません。でも、この商品はバーティノフマスクの一種だということは分かります。ピントの調整のしやすさが売り物のようです。

「焦点マスクはしっかり安定したアルミ合金フレーム」という記述がある一方で、商品名はステンレス鋼とあり、どちらが本当なのかよく分かりません。あるは枠はアルミだけれど、網の部分はステンレスとか、はたまた逆かもしれません。

適合サイズは「 49UV から 82UV にレンズすべて使用する」とあるのですが、私にはこのUVの意味がよく分かりません。50〜80mm径用といったところでしょうか?

概ね高評価ですが、韓国勢は気に入らないらしく「縁回りが鋭くて危ない。クソだ」「フィルムにプリントされているだけ」という評価ちらほら。このあたり、実際に手にとってみないと分かりませんね。

透明バーティノフマスクと同等かそれ以上にピント合わせがしやすい掘り出し物かもしれませんよ。どなたか試してみませんか? お値段は984円です。

https://www.aliexpress.com/item/4000328498246.html

この記事へのコメント

  1. ステンレスかアルミの金網が入ってるなら良さそうだけど、見た感じ透明な素材に線を印刷したものを枠に挟み込んでる感がありますよね…
    フィルムだと、う~ん…な気がします。

    価格的にはヒトバシラーが登場しやすいですよね? (^o^)

    • 製品の仕様がよく分からないってところが、怪しいですよね。やっぱりフィルムなんですかね。私はあんまりカメラレンズで星を撮らないので人柱になれる感じがしません。誰か買ってくれないかなぁ。

  2. 素通しではないフィルムへの印刷ということで韓国勢に受けなかったのかも知れませんが、50-80mm径という望遠の中では短い焦点距離なら問題なく威力を発揮すると思いますよ。(小さいサイズのセンサーで長焦点になる場合はやったことが無いので分かりません)
    同じようなパターンをOHPシートに印刷してミラーレスで使っている自分の場合全く問題ないし、14mmの広角レンズでもピントが出ます。
    何よりOHPシートを買うより安いなんてステンレスの加工等の賃料はタダですか?って感じですね(^^;)
    面取りなどはしていないみたいなので、カッターとしても使えるみたいだし( ´∀` )

    • カメラde遊ingさん、UVってのはFOVのことですかね? フルサイズでいうと25mmから50mmあたりが49度から82度(対角)に相当するみたいなので、カメラレンズ専用のバーティノフマスクという用途なら分かるような気がします。カッターとしても使えるならお得ですね!(笑)

      • 単純にUVプロテクターの49mm~82mmフィルターを付けていても使える(カメラレンズ)と思いました。
        UVって中国語に変換すると紫外線ってGoogle先生が教えてくれたから多分そっちの意味なんじゃないかなぁ?

        • UVプロテクターのことですか! 合点がいきます!

タイトルとURLをコピーしました