【メモ】 EAA : QHY Android Capture Software ほか

■StarrySky
QHY製ガイド用カメラ「QHY 5-II」をアンドロイド・デバイスで使えるようにするアプリ。OTGケーブルが必要。GitHubでapkが公開されている。個人的には、QHY5IIIシリーズには対応してないようなので推移を見守る。
必要なもの
・QHY5-II シリーズ
・Android 4.4 以上
・USB OTG ケーブル
GitHub

■ZWO ASICAP
ZWOも同様の試みを続けてる。Google Playで公開中。こちらは2017年7月24日以降アップデートした様子はなさそう。iPhone, iPadの対応予定はなし。
関連記事:パソコンの代わりにスマホで撮影だよ。ZWOのASICAPを試してみた
パソコンの代わりにスマホで撮影だよ。ZWOのASICAPを試してみた
ZWOのUSB3.0に対応したカメラをAndroid端末と接続して撮像できる「ASICAP」が発表されたよ。きょうから梅雨入り。梅雨で月も雲の中なので、お部屋で…
■Tiny1 出荷開始
アメリカの日食を前にして、天体専用コンデジ「Tiny1」の出荷が始まった。SDカードに書き込めない、ISO400以下にしないとノイズが出るなどのバグが報告されてる。いずれも対応予定とのこと。Cloud Nightsにはまだレビューはあがってきていない。
クイックスタートガイドが公開された
https://tinymos.com/quickstart
facebookでディスカッションが行われ始めた
Tiny1 MOS Owners
tiny1.jpg
お手軽撮影の道を探るにあたり、スマートデバイスの活用を考えていたので、StarrySkyやASICAPに関心を持っていたのだけれど、GPD WINを手にしてから、スマートデバイスにこだわる必要がなくなってるといえばなくなってる。やれることはWindowsの方が圧倒的に多い。PCレスの文脈でTiny1に期待。
GPD WINくん、がんばるの巻
http://tentaip.seesaa.net/article/452457528.html