「Astro Nier AC」ロングパスF2.4鏡筒

「Astro Nier AC」F2鏡筒って、0.5xレデューサーをカメラの前にねじ込んだだけだよね? もうちょっと工夫が欲しくはないか? と感じなくもなかったので、組み直すことにした。梅雨空遊び、始まる。

F2ハイスピードアストログラフ「Astro Nier AC」
コマ収差、色収差が残ったF2ハイスピードアストログラフ「Astro Nier AC」がいよいよ今...

基本のコンセプトは、明るい鏡筒が欲しいということで変わらず。アクロマートなので、ナローバンド撮影になると思う。というか、あぷらなーとさんの機材の試写を見ると、カラーとかどうでもいいって思えて来てしまう(笑)

長焦点『にせBORG』昼間試写 | あぷらなーと
★ネタなんだかマジなんだかこんにちは。『へんてこ機材』量産中のあぷらなーとです。先日、三連装『にせBORG』によるOⅢ+RGB合成の電柱テスト写真を公開し...

SDレデューサーHDキットのおかげで、出番がなくなってしまった笠井トレーディングのED屈折用0.6×レデューサーIIを使ったところがミソ。F7~F8を想定して設計してあるそうだけれど、大丈夫なのかな。この笠井のレデューサーには、M48フィルターが装着できる。さらに、BORGの2インチホルダーをかませてあるので、こちらにも径が異なる52mmのフィルターが装着できる。

48mmという径ありきでフィルターを選ぶと、Night Sky H-Alphaが手元にある。半値幅7nm、650nm以上で95%の透過率というOPTOLONGのシャープカットフィルター。ナローバンドというか、ロングパスだな。都会の空向き。面白いかもしれない。

東京の空、ポラリエと赤外線フィルターでM42を撮ってみる
スマホ電子ファインダー 撮影にあたって、スマートフォンを電子ファインダーの代わりにしてみた。目視でき...

カメラはQHY5III178C(IR CUT)を使った。ゴニョゴニョいじっているうちに、遠くのビルでようやくピントがでた。理屈ではF4 x 0.6でF2.4、焦点距離120mmになっているはず。1.4倍の露光時間が必要になっちゃうけど、前回のF2鏡筒と比べて、星像が改善していれば、QHY5III174M(AR)の1インチカメラも使えてNight Sky H-Alphaが生きてきそうなんだけれどな。いずれ、これで三日月星雲にリターンマッチを挑みたい。試写してみたいけど、やっぱり空は曇っていたよ。

写真は、知る人ぞ知る名機LUMIA 1520で撮影、Color Flex Pro 4で腕をごまかす(笑)

誰も必要としていないだろうけど、今回の組み合わせは下記のとおり。

HAKUBA メタルレンズフード52mm
AC CLOSE-UPレンズ No.5
M57→M57ADII 【7458】
M57→M57AD 【7457】

M57/60延長筒M(40mm)【7603】
マイクロフォーカス接眼部 MMF-1【9858】
M42P0.75→M57AD 【7528】
2インチホルダーM【7505】
笠井トレーディング ED屈折用0.6×レデューサーII
MMF-1の31.7接眼部

『「Astro Nier AC」ロングパスF2.4鏡筒』へのコメント

  1. 名前:あぷらなーと 投稿日:2018/06/18(月) 10:49:51 ID:0529dac6e 返信

    面白い組み合わせ!
    この笠井レデューサは私も持っていますが、焦点距離600~800mm程度と相性が良いような印象(あくまで感覚)を受けています。でもこれはフルサイズの話で、センサーが小さい場合は短焦点でも使えるかも。
    もし時間があればレデューサとカメラの距離を色々変えて遊んでみてください。

    ※今回のノスタルジックな機材写真テイストも味がありますねぇ。

    • 名前:にゃあ 投稿日:2018/06/18(月) 23:49:28 ID:d80684b33 返信

      あぷらなーとさん、実際に撮ってみないことにはなんとも言えないですものね。カメラがスティックのりタイプなので、バレルの挿入位置を変えるだけで、レデューサーとカメラの位置は容易に変えられるのですが、どこを注視しておくと良いでしょうか? コマ収差に大きな影響がでてきますか?