スポンサーリンク

久しぶりに55FL登場、SVBONYガイドテスト

飼育員さんとどこかに行ってしまっていたBORG 55FLくんが、何年かぶりにAZ-GTiの舞台に立っていました。SV165 ガイドコープも背負っています。ようやく平和が訪れたのでしょうか。いえいえ、鏡筒バンドは太陽観察望遠鏡から掠め取ってきたものです。

36EDとASI AIR PROのテストがうまく行ったので、今回は55FLを引っ張り出してきたしだいです。今夜はSV165 ガイドコープを使って、ガイドしてみたり、全体の運用の様子をみてみたりすることです。

まずは、昨日のASI AIR PROの無線接続の手順は問題なしでした。やり方も体で覚え始めているので、大丈夫です。

北極星が見えないベランダでは極軸を取るのが難しいのですが、山立てで南をとったあとに、ASI AIR PRO上でドリフトアライメントによる極軸合わせをしました。ASI AIR PROによるドリフトアライメントの手順はもう少し復習する必要があるので、きちんとマスタしてからまとめようと思います。

36ED単体と比べて、相応に重くなっていますが、迷人会工房さんのパーツはまったく問題なし。非常にがっちりしていて満足です。風が吹くと電線は揺れましたが、赤道儀は動じていませんでした。ウエイトは1kgじゃ足りないかもしれないので、増量考えます。

SV165のピント合わせ。ガイドカメラはASI385です。ピントをあわせるだけなので、特に問題なしです。きちんと星が見えていました。メインカメラはASI1600MC-COOLが担当です。ASI AIR PROは電源ハブも兼ねているので、冷却カメラを冷却してみようかという気になります。これまでAC電源をひっぱってきて冷却していたのがウソのようです。今回は0度に設定しました。冷却設定もASI AIR PROアプリからできるので苦労がありません。ピント合わせは、汎用のバーティノフマスク。踏んづけたことがあるので、割れてます。機能に問題なくピント合わせできました。そのうち専用のマスクを作ると思います。

ASI AIR PROでガイドのキャリブレーションしたところ、何かメッセージが出て怒られたのですが、実際にガイドしてみると、30秒露光でも星が止まっていました。画面にはRMS Errorが表示されています。値は2秒前後かな。この値の意味がよくわからないので、気が向いたら調べることにします。

試しに被写体になってもらったM13は10分以上も止まったままでした。結論からいうと、ガイドできていたみたいです。この調子ならいろいろ狙えそう。次はL-eNhanceを装着してみるかな。

一連の流れに問題なしでした。M8は確認しましたが、全体的に星雲の季節が終わりつつあるんでどうしようかと。さらに問題なのは電線です(笑)

この記事へのコメント

  1. ASI AIR PRO、イイ感じみたいですねぇ
    AZ-GTiも、ちっこいのに、ちゃんと頑張るんですね
    その構成だったら、リュックに入れて背負って山とかも行けちゃう?

    • けむけむさん、両方ともイイ感じですよ。ベランダで使う分には十分かなぁと思います。リュック入れて…を妄想したのですが、問題は三脚で、軽いといっても3kgあるので、登山はしんどいです。電車で移動する分には頑張ればできるかもしれません〜

  2. >今回は0度に設定しました。

    55FL、おひさ。^^ノシ
    冷却カメラって相対温度(下げたい温度幅)を指定するものと思ってたけど、絶対温度(ケルビンではなく温度直接指定という意味)で指定するんだ。

    透明の素材の件
    あってもマスクには使えたいだろうね。
    積層模様は削っても消えないだろうから、透過した光が逆に悪さしそう。

    • 是空さん、そうなんですよ。温度を指定するですよ。なので、ダークライブラリを普段から作っておけるんです。面倒な作業なので、私はやってないですが(汗)

      透明なバーティノフマスクは、おっしゃるとおり、積層模様が残るかどうかが気になりますよね。100g単位でバラ売りしてくれると試せるんですけど。

タイトルとURLをコピーしました