天体写真

星雲・星団

アイリス星雲(NGC7023)撮ったった

上杉蒼太さんの作例を見て、私も撮ってみたいと思っていたのがアイリス星雲(NGC7023)です。ようやく願いがかなって、撮影に臨みましたが、雲がばんばん流れて、ガイドも流れて、3時間ほどスタンバイしていたのに、撮れたのは3分18コマの54分だ...
16
APT

APTでM33を撮る

久々に晴れるというので、お出かけしてきた。はじめアイリス星雲を狙ったが、予報に反して曇りが断続的に続いて苦戦。その後、天頂付近にさんかく座があったので、M33を撮影することにした。 高層に薄い雲がかかっているような空。星に元気がなかっ...
20
系外銀河

α99改によるアンドロメダ銀河、ダークとその適用後

EOS Kiss X7iのバッテリを探していたら、α99のバッテリも一緒に出てきた。迷子になっていたので、α99のダークが撮影できなかったんだ。なので、今回、StellarMateネタはちょっとお休み。 以前、α99改で撮影したM31...
6
星雲・星団

東京の空、一般的な星雲撮影は限界かもしれない

空が暗かったので、仕事もそこそこに帰宅。久しぶりにAZ-GTiを引っ張り出してきて、M27を撮影した。36EDの普段づかいセットで以前も撮っているんだけど、今回はUHCフィルター付きだよ。 火星でワンスターアライメントを実施。Shar...
10
撮影

“冷却”プレアデスと“非冷却”プレアデス

プレアデス星団(M45)を撮影してきた。撮影計画を立てていたわけではなかったことに加え、手動導入に戸惑い、メジャーな天体しか撮れなかったというのが理由。 今回のプレアデス星団は、前日の馬頭星雲と同じ条件。ただし、北極星が見えなかったの...
8
星雲・星団

馬頭星雲、2年前の写真と比較

馬頭星雲を撮った。早くも冬の雰囲気。1時間撮影したけれど、霧が出てアウト。習字の下敷きで作ったフードは夜露を吸収しなかった。6コマ18分しか使えなかった。2016年に撮影したときも21分で、長時間露出が実現していない。また撮影しなおしてみる...
2
天体写真

メシエ天体集めてみた

これまでに撮影したメシエ天体を集めてみた。大きい順の一覧表に入れてみたら、24あった。おとめ座の銀河団は一覧に耐えないので抜いた。また、一覧表に入れてはみたものの、プレセペは白い点が写っているだけの絵だし、M101も失敗続きなので、いつか撮...
4
AZ-GTi

東京の空、36EDで撮ったM57

先日撮影して、未処理だったM57を現像してみた。36EDとQHY5III178C、AZ-GTiの組み合わせ。1コマ15秒で総露出2175秒 (約36分)のLiveStackです。 撮影に使ったQHY5III178Cの画素数は3072 ...
10
AZ-GTi

東京の空、36EDで撮ったM27

昨日に続いて、空が快晴で黒い。月齢14.8の満月。こんなに綺麗な満月も久しぶり。アクロマートレンズで撮影した昨日のM13が思いの外よく写っていたので、今回は36EDでM27を狙うことにした。 カメラはQHY5III178C。小センサー...
12
星雲・星団

はくちょう座 おかん&ぺりかん周辺

いよいよ遠征の釣果も終わりに近づいてきました。今回は、みんな大好き「おかぺり周辺」ですよ。おかんは、ごく一部で「北アメリカ星雲」とも呼ばれているそうです。 今シーズン初、私のおかぺりはこんな感じ。ED81SII&α99で撮りました。 ...
10
星雲・星団

はくちょう座 サドル付近

夏の定番、サドル付近です。55FLとα99改で撮影しました。架台はAP赤道儀、オートガイドはなしです。はくちょう座の大変賑やかな場所にあるサドルですが、これまで相性が悪くてなかなか絵になりませんでした。今回、ようやくなんとか現像ができる程度...
8
星雲・星団

象の鼻星雲 & ガーネット・スター

α99改とED81SII(SDレデューサーHDキット)で撮影。架台はAP赤道儀。この撮影に先立って、夜露で失敗したのだけれど、そのリベンジ。サイクロプス(一つ目巨人)のようなモクモクが象の鼻星雲で、それを取り囲む反射星雲全体はIC1396と...
16
星雲・星団

M45 プレアデス星団

初心に戻るシリーズです。天体写真を始めて、いろいろ機材を増やしてしまったけど、本当に必要な機材を買ってきたんだろうか? という反省会です。今回は、シンプルなAP赤道儀、初めて買った屈折ED81SII(改造しちゃったけど)、前から所有していた...
2
火星

火星を撮ってみた

8月4日午後11時25分、QHY5III178C、セレストロンC5、3倍バローを使ってSharpCapで撮影。2000コマのうち半分をスタック。 ステライメージ8でスタックと色ずれ補正を行う。Registaxにかけたのち、PS...
10
星雲・星団

梅雨明け記念、ロングパスF2.4試写ふたたび

関東甲信が梅雨明けしたでござる。今年は、オヤジさんがネジバナの首をちょん切らなかったからでござるな。 こんなに早く梅雨明けするとは思っていなかったので、何も準備していなかった。外は風もあるので、C5のような大きな鏡筒(笑)よりも、小型...
2
火星

梅雨の晴れ間に火星を撮る

もう寝ようと思ったら、火星が赤く輝いていた。梅雨の晴れ間が次にいつあるか分からないので、撮影することに決めた。 結線が面倒くさかったので、電子ファインダーではなくて、セレストロンC5付属のファインダーを使う。このファインダー十字線が太...
4
天体写真

自分で撮った木星写真、2年でどう変わったか

ブログに手をいれてみた。Seesaaでは大カテゴリだけだったけど、下位の階層を設けて細分化した。木星の写真って、東京のベランダから撮れることもあって、結構な枚数になってきたので「天体写真」の下に「木星」カテゴリも設けてみた(カテゴリはPC版...
4
火星

C5で撮影した火星に感動したよ

昨夜の話。「今夜はこれくらいで許しといたるわ」とか言いながら、赤道儀を片付けようとしたら、雲が晴れてきて真っ赤な火星が見えたので、諦めも悪く2ショットだけ撮ってみた。 SharpCapの画面をのぞいて、感動した。皆既月食みたいに赤いよ...
4
天体写真

今シーズン初、土星撮影

会社からの帰りに空を見上げたら、火星が真っ赤じゃないか。恥ずかしながら、こんなに赤く熟しているとは思わなかった。見上げれば夏の大三角形やアルクトゥルス、木星も見える。この季節の夜空も色とりどりで賑やかなんだな。 ふだんはマンションの死...
8
天体写真

木星撮影苦行:ASI1600MC & 3xバロー

久しぶりに木星が見えたので(というか昨晩は見えていたけど飲み会だった)、ベランダから撮影することにした。今回の苦行は、カメラにASI 1600MC を使うのとバローに3xを使ってみて、どんな写り方をするか試行錯誤することだった。 鏡筒...
6
タイトルとURLをコピーしました